フィギュアスケートの世界

スケートアメリカの男子SPの結果と考察

こんにちは、MAYです。

スケートアメリカの男子ショートが終わったわけですが。

^^;

って感じですね。

あまりまだ動画を確認できていない状態ですが
記事を書いてしまいたいと思いますっ

スケアメ 男子SPのプロトコル

まず、1位の町田樹選手。

すごく良かったですね^^

ゆったーりした曲調のなかで
彼史上最高の演技をしたのではないでしょうか?

4T-3Tも最高だったし、
3Aも3Lzも全部加点をもらって
スピンも1個を除いてレベル4を揃えました。

ステップもレベル4ですね、すごい^^;

PCSでも高い評価をもらって得点はなんと91.18!

ショート後のインタビューでは
『ほっとしているが、すべての結果が出るのは明日。
幸せな気持ちは捨てて、明日のフリーに向かいたい。』
と答えたそうで明日のフリーでも今日のような演技を
見せられるかどうか、見守りたいと思います^^

高橋大輔を目標に頑張ってきた選手が
ついに目標を超える時が来たのでしょうか、、、

そして、その高橋大輔選手ですが

どうしたのでしょうか。。

4T、回転不足で転倒。(ダウングレード)
3A、左軸になって普通転倒するところを
降りた瞬間左足で調節して何とか着氷。

3Lz-3Tの予定がタイミングが合わず2Tになり
着氷も乱れる。。。

すべてのジャンプが乱れてしまっていましたね。

ステップでレベル4
スピンで1つレベル3、他2つレベル4
PCSでは誰よりも高い得点をたたき出す!

というところは流石でしたが
やっぱりジャンプがここまで乱れると
点数が出ないわけで。

(あ、PCSのパフォーマンスで樹くんに
ちょっと負けてる!
さすがにこの項目は完璧な演技をしたほうに
高い点が出るようですね^^;笑)

ということで、合計得点が77.09で
まさかの5位スタートとなりました。

いや、ショートの前から弱気な発言が
ちょっと気にはなっていたのですよ。

グランプリファイナルは無理かもとか
4回転の調子が悪いとか、古株とかもろもろ。

実際、ショート後の発言で
『自分の中でジャンプが全然かみ合っていない。
自信のなさが試合に出た。』
とありましたから、ああやっぱり不安だったんだな~と。

あまりそんな不安を周りに(とくに報道陣に)見せる人ではない
と感じていたので最近の発言にはちょっと驚いていますが
フリーでの挽回を期待しております!!

(『オリンピックシーズン』というプレッシャーでしょうかね。。)

ただ、1位になった樹くんと5位と出遅れた大輔くんの
演技を1度見ただけで思ったのですが

踊りのうまさが全然違う。。。

とMAYは感じたのです。

樹くんの踊りは『そういう振付なんだな~』と
ぎこちなさがあるわけではないけれど、
つけられた振付を一生懸命踊っているという感じが
やはりありました。

大輔君の踊りは、もう心から踊っているという感じ
振付どうこうじゃない、曲に入り込んで
曲が乗り移ったかのような踊り、とでもいうんでしょうか。

ううむ、言葉で表現するのは難しいですね^^;

何か表現する言葉があればコメント等で
教えてください><笑

そして、小塚君の演技について。

怪しげなピアノの音から始まり
最初の4Tへ。
左腕が着氷の時に開いてしまったため
少し乱れましたね^^;(左軸に)

スケーティングや巧みなステップで魅せながら3Aへ。

きれいな3Aでした。
着氷時にこらえるようなジャンプが多い小塚君ですが
この3Aはすごくきれいでした!
(今まで見た彼のジャンプの中で一番好きかもしれない)

そして、次の3Lz-3Tの予定が
3Lzでステップアウトしてしまい3Tつけれず・・・

スピンではすべてレベル4を獲得し
ステップではレベル3を獲得。
(あんなすごいステップなのになんでー
と思いますがどこかのステップがちゃんと踏めていなかったのでしょうね。)

山田満知子先生が今回の彼のプログラムを
『スケートのすべてがつまったような最高のプログラム』
と初めて見たときに評価したのですが
その理由がわかった気がしました。

曲自体も彼とすごく合っていて
毎回見るのが楽しみになりそうなプログラムでした^^

日本人選手、みんな頑張れ~

(外国人選手に関しても後程更新いたします。)


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. コーチも知らないGOE。笑

    2013年9月19日16:37

コメント

    • momomaru
    • 2013.10.19 14:17

    高橋大輔さんはジャンプ、成功しようが失敗しようが、安心して見ていられます。10年前のようにハラハラして見なくてもいいんです。本当に円熟しましたね。まあ、言うなれば、彼の身体から音楽が奏でられている・・・といったところでしょうか。

  1. こんばんは! スケアメ日本男子三選手の演技、見ました~。
    町田選手、良かった~! グッときました!
    4回転もですが、表現に磨きがかかったように思いました。
    ステップも魅せましたね!

    高橋選手、小塚選手、ジャンプが上手くいきませんでしたが、どちらのSPも素敵でした。ジャンプはバッティングと一緒で水ものだとおもっています。その時の調子の良しあしに左右されやすいですね。
    高橋選手はダンサーなので、スケート靴で踊ることに関しては世界一と思っています。滑りながら激しく踊るって、しかも首振りながらとかわけわかんないですから(笑) ジャンプは水ものですが、その他のことは調子に左右されるものではないですね。小塚選手のように滑らかなスケートも。
    シーズン後半には安定してくるといいのですが、かみ合わない原因てなんでしょうか。全日本までに噛みあいますように。

    膝の考察勉強になりました~。
    浅田選手、昔はステップに面白みがなくて本人も休みどころみたいに言ってましたよね?今みたいに素晴らしいステップ魅せれるようになるなんて、その頃は想像すら出来なかったです。昨シーズンから闘争心が戻ってきたように思いますので、今シーズンは良い演技を見せてくれると期待してます。結果がついてくるといいなあ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP