フィギュアスケートの世界

村上佳菜子に思うこと

こんにちは、MAYです。
 
 

日本時間で昨日の21時ちょっと前に
村上佳菜子選手がロシア杯のショートを滑りました。
 
 

ISUのホームページでリアルタイムで追っていたのですが
あれれ、おかしい。

いつまでたっても村上選手の滑走順のままで
得点が更新されない。
 
 

『なんかあったのかな?』と思っていたら案の定。
 
 

違う選手の曲が流れてしまって
少し演技時間が遅れていたようで。

ということでそんなハプニングもありながらの
ショートとなったのですが。

ロシア杯女子ショートのプロトコル
 
 

kanako zisin

どうしてしまったんだ、かなちゃん。。。

得意の3T-3Tが2T-2Tに。

セカンドは3Tにしようとしたのでしょう。
しかし1.5回転で両足で着氷するという
練習中のジャンプのようになってしまいました。

ジャンプを見慣れている方ならわかるかもしれませんが
あのトゥループの跳び方では2回転までしか跳べません。
(いや、むしろなぜあれで2回転が跳べるのかすっごく不思議^^;笑
男子なら3回転も跳びますが。)
 
 

足がスクラッチの形に絞まる前に
左腕が先に動いてしまってるんですよね。

だからタイミングがずれてしまって
セカンドも同じく左腕が先になってしまっていたので
同じように失敗してしまった。
 
 

放送を見ていた方、動画サイトで彼女の昨日の演技を
見た方がどれくらいいるかわかりませんが
名前をコールされて演技のスタート場所へ滑り出す直前、
満知子先生がトゥループの跳び方を佳菜子ちゃんに
体を使って見せています。

演技の『直前』のことです。

6分間練習でジャンプが崩れていれば
そうやって教えることもありますが
直前にしかも満知子先生が教えるなんて
そうそうないことです。
 
 

なので相当調子が上がらなかったのかな、と。

3Fも回転不足をとられてしまい
ショートは50点に乗せることもできず
まさかの最下位発進。
 
 

今回はフリーに力を入れてたくさん練習してきたようなので
今日の演技を期待しております。

今シーズンはなんとなく自信がなさそうな雰囲気を
感じ取ってしまってやはりオリンピックシーズンの
プレッシャーがあるのかな・・・と思いますが

昨年度世界選手権4位の実力は伊達じゃないはず!

滑り終わった後の笑顔が見たいぞ><     そして、1位になったリプニツカヤ。 15歳ということもあってジャンプが若い。笑 難しいコンビネーションのはずの 3Lz-3Tも軽々跳んでるように見えましたし、 若さで跳んでるな~と感じました。 (2Aとか低っ!ってびっくりしました。笑 彼女はジャンプに幅を出そうとするとああなるんですかね。)     全力の演技で観客を魅了して ついた得点は72.24! 彼女にとっては自国開催の演技になるので 若干点数が上乗せされているかもしれませんが それでもそれくらいの点数が出ても不思議ではない 演技だったと思います。     女子選手のほとんどは後半1.1倍に 2Aなどの比較的簡単なジャンプを持ってきますが 彼女は3Fを持ってきていますからね^^; それを完璧に決められたら そりゃ技術点もあれくらい出るわ、 と一人納得。笑     今日のフリーでもそんな演技を見せられるのか。 宮原知子選手、今井遥選手の 演技にも注目したいと思います^^       昨日のショート見たよ!という方はポチッとお願いします^^ ↓↓↓
人気ブログランキングへ

 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 四大陸での収穫

    2014年1月25日22:33

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP