フィギュアスケートの世界

小塚崇彦、股関節痛との戦い

こんにちは、MAYです。

  
昨日のすぽるとの小塚崇彦選手の特集で
彼が股関節の痛みと戦っていることを知りました。

スポンサードリンク


ネットで少し調べたところ、そういう話はだいぶ前から
出ていたそうですね^^;
(ひょっとして知らなかったの私だけかしら)
  

2012年の全日本選手権では右足首の腱の痛みにより
満足な練習ができないまま出場することになり
結果は5位。

2008年から出場し続けていた世界選手権への切符を逃しました。
  

全日本後も痛みがひかず、
西洋医学から東洋医学まですべてあたって(!)
2月の中旬に消去法で出された結論

『先天的な股関節の問題』
  

小塚選手は、生まれつき大腿骨の先端部を覆う
骨盤側のくぼみが浅いそうです。

その影響から、
関節唇が欠けて軟骨に飛んで股関節痛を起こし
さらにそれをかばうことで右足首を痛めていた。
  

手術ももちろん考えたそうですが、
2013-2014シーズンはオリンピックシーズン。

手術をすれば完治まで半年かかります。
練習を再開できるのは8月。

痛みと戦いながらソチオリンピック出場を
目指すことに決めた、ということでした。
   

2012年の全日本で普段しないようなミスを連発していたのは
そういう痛みで満足な練習ができていなかったからだったのかな

と、今更納得するMAYです。
  

2012年の世界選手権でボロボロの演技をしてしまったとき
どうしちゃったんだろう、と心配していましたが
このときは『原因不明の体調不良』。

休んでも疲れが取れず、
検査をしても原因がわからなかったという話を聞いています。
   

ひょっとしたら、
このころから股関節に異常を感じていたのかもしれませんね。
   

最近の彼の四回転をみると、高さが足りず
振り回して跳ぼうとしている感じが否めず
どうしてかな~と思っていたのですが
昨日の放送でこれが原因だったかもしれない、と思いました。

小塚くんの今シーズンのショート『アンスクエアダンス』、
すごく好きなんです。

彼にすごく合っていると思うし、
本当に格好良いプログラムだと感じています。
(ステップがレベル3だったりしたのは
踏み忘れかエッジが浅かったからかしら。)
  

このプログラムを全日本という舞台で
生で見ることができるということに
すごく喜びを感じます^^
  

痛みとの戦いになるかもしれませんが
ショート、フリー全力で滑りきって欲しいと思います。
  

  
小塚選手を応援する!という方はポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

   


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP