フィギュアスケートの世界

セカンドループとループジャンプそのものについて

セカンドループとループジャンプそのものについて

こんにちは、MAYです。
 
長らくお待たせしてしまってすみませんでした。

  

ループジャンプについての記事が
まだ完結していない! ということで
記事を更新したいと思います。

  

まずは、セカンドループの話から。
 
前の記事までにセカンドループの件で
情報を寄せてくれた方、本当にありがとうございます!!
 
自分でも動画を観たりして
確認してみようと思います(#^^#)

  

私の知識の無さが露呈してしまう記事となりましたが(苦笑)
過去にセカンドの2Lo、3Loを跳んだ男子選手をあれから調べてみました。
  
参考にさせていただいたホームページは
こちら→フィギュアスケート要素検索
(ありがとうございます!m(__)m)
 
ここでのデータは2003年シーズン以降のものだそうなのですが
 
3A-3Lo
3Lz-3Lo   
3F-3Lo
3Lo-3Lo
3S-3Lo
3T-3Lo(セカンドの3T-サードの3Loが多かったです)
 
  
どれも挑戦している選手がいて
3F-3Loや3Lz-3Loでは加点を
しっかりもらっている選手もいました。
   

ただ、回転不足をとられてしまったり
GOEでマイナスをもらっていたり
と言う選手も多かったと思います。

スポンサードリンク

そして、今シーズン挑戦している選手は
あまりいない?のかなと
調べていて思いました。
 
(回転不足判定、特にエッジ判定が
厳格化されてきましたしそちらに
選手やコーチは時間を割いたのかな、と)
  

特に、最近では3連続ジャンプにハーフループのコンボ、
(代表的なものが3Lz-1Lo-3S)を
持ってくる人が増えているため
 
前までは男子選手でもよく見た
3Lz-2T-2Loとかをあまり見かけることがなくなりました。
 
そのため、余計に男子選手のセカンド、サードジャンプでの
3Lo、2Loを見る機会が減っているんだなぁと。
 
(3F-2T-2Loは今シーズンでもやっている選手が
まあまあいました。)
  

そういうこともあって、
男子選手ってセカンドにループジャンプ跳ばないよなぁ
と思う方が多いのではないかと思います。
   

今シーズンではないですが、
中にはしっかり加点をもらっている選手もいたので
自分でも動画を探してみてみようと思っています。

    
そして、やはりセカンドループに挑戦しているのは
ジュニアの選手が多いのです。
 
私個人の考えになりますが
体が小さい方がセカンドループが跳びやすい事、
そして、まだ3Aや4T、またはセカンドの3Tなどの大技が出来ない選手が
自分のできる範囲のジャンプで得点を獲得するためかな、
なんて考えています。
  

そして、世界選手権やオリンピックのメダリストで
あまりセカンドにループジャンプを持って行く選手がいないのも
その理由に起因するのではないかな~と。
 
前にも書きましたが、
  
・リスクの高いセカンドの3Loや2Loを跳ぶよりも
セカンドに3Tや2Tを持って行って、しっかり跳んだほうがいい
  
・4Tや3Aをプログラムに入れながら、
かなり慎重にならなければいけないセカンドの3Loを入れるのは
ちょっとしんどい。。
   

というのが私の意見です。
  

だからといって、じゃあ試合でセカンド3Loをやっていない
男子選手がセカンド3Loを練習しないのかと言うと
そうではないようです。
  

自分の可能性を広げていくために
試合でやらないジャンプも練習をする、
ということを聞いています。
  

(実際、昌磨君の2A-1Lo-3Fなんて
コーチの思い付きで始まったものだそうですし。笑)
    
ちなみに、4Loに公式戦で挑戦したのは
ケビン・レイノルズ選手。
 
2011-2012シーズンにて
中国大会で4Lo<< (ダウングレード判定)
 
世界選手権で4Lo< (アンダーローテーション判定)
 
となっています。

  
次のオリンピックまでに、4Loに挑戦する選手が
何人か出てくるのではないかと思っていますが
その辺も楽しみです。

   

そして、ループジャンプそのものについてですが
 
このブログで一度取り上げた気がしますが
町田樹さんは単独のループジャンプを跳ぶときに
他のジャンプよりもスピードを落として慎重に跳んでいた気がしました。
   

そのことについて知り合いのコーチに聞いてみたのですが
 
やはり、男子選手がループジャンプを跳ぶとき
ほとんどの人はエッジにしっかりのって
その状態で氷を抉るくらいグッと押して
と言う跳び方じゃないと跳べないらしいです。
  
(だから、そのコーチがループジャンプを跳んだあとは
氷に引っかかるくらいの溝が出来ていて
良く怒られていたそうです。笑)
  

そして、そういう男子選手が多いからこそ
大庭雅選手のようなまったく準備動作の無い
トリプルループを見て驚くんですよね。
 
(雅ちゃんの3Loは氷に溝が出来ないような
ジャンプだと思います。準備動作がないことといい、
凄すぎ。。)
  

ループジャンプそのものについての余談でした。

   

P.S.
 
更新を待っていると言ってくださったみなさま
長らくストップさせてしまい、すみませんでした。
  

最初のうちは、あの件があったから少し自分でも距離を置いて
書きたい!と思ったら記事を書こう
 
と思っていたのですが
 
書きたいという記事が結構出てきてしまって
どうやってまとめていこうかな、
そして、書きたいという記事のために
選手の過去の動画を見ていたら
あ、これ説明したい、これも、これも

  
と言う感じで自分の中でまとまらなくなってしまい・・・
と言う感じで更新をストップさせてしまっていました。
 
心配してくれていた方、
更新をストップしているのにコメントしてくれた方
本当にありがとうございます。
  

私のことを優しい人、誠実な人
と言ってくださる方もいましたが
 
優しいのはみなさんです。
  

ひょっとしたらみなさんが私のことを優しいと思ってくれたり
言葉にしてくださるからこそ、私はそういうふうに
感じさせることのできる文章を書けているのかもしれません。
  

こんな、私の書く記事に付き合ってくださって
楽しみにしているなんて言ってくださって
本当にありがとうございます。

  
まだまだ、スケートを楽しんでいきたいと思っています^^
 
そして、みなさんからの温かいコメントに
返信してから新たに記事を更新するのが筋ですが
なんだか今日を逃してしまうと、また
停滞してしまうような気がしたので順番が前後してしまいました。。
 
送られたコメント、かみしめて返信させていただきます。
少し、待っていてくださいね^^

   

ちなみに、更新しようと思っていた記事は
これまた長らくお待たせしている
ターン、ステップの話です。
 
カウンター・ロッカー・ブラケット
 
どういうものか、わかりますか?
見分け、つきますか?笑
  

スケートをやったことのある人でも
良くわからなくなるカウンターやロッカーを
スケートを見始めたばかりの人にも
分かるように説明したいなと思っています。
 
もちろん、ブラケットも。
  

このターンが分かれば
もっともっと好きな選手の演技を見るのが
楽しくなるんじゃないかな、と思っています。
 
『これがカウンターか!』、とか
『この選手のこのステップ、好きだったけど
この技の組み合わせだったんだ』とか
 
そういうふうに見ることが出来たら
もっと楽しいんじゃないかな、と。
   

You Tubeなどの動画サイトに選手の動画を
UPしてくださる方がいるので、そういうので
過去の動画も繰り返し見れる時代ですし
私も、色々過去の動画を漁ろうと思っています。笑
   

ということで、四大陸選手権前には
一通りターンを説明したいぞ!と思っているMAYです。
(がんばる!)
  

日本では国体が行われたり、海外では国内選手権が行われたりと
さまざまな大会が行われていますがそちらも
ちらっとチェックしています。
 
私もまだまだ勉強しなければ。

  
選手の演技を見る

MAYが記事を書きたくなって
ホームページを更新する

それを読んだ方がさらに
スケートを好きになって選手を応援する

その応援・声援を糧に
選手がいい演技をする

その選手の演技を見たMAYが・・・(以下略)
  

みたいなエネルギーの循環が
どこかで起きていたらいいなと思っています。
   

ということで、
これから更新していくので
よろしくおねがいします(*^^*)

  


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

    • skatefan
    • 2015.01.31 12:59

    MAYさん お帰りなさい。
    ブログの更新ありがとうございます。また、MAYさんの心優しい解説を読ませていただけて、とても嬉しいです。
    次回は、ステップとターンですか。楽しみです。MAYさんのブログを読んで、最近は、もっとフィギュアスケートを見ることが好きになりました。
    これからも無理のない範囲でブログ更新をよろしくお願いします。

      • MAY
      • 2015.02.04 0:42

      skatefanさん、いつも暖かいコメントありがとうございます^^

      嬉しいなんて言っていただけて、
      私も嬉しいです(*^^*)
      はい、ステップとターンの記事を今書いております~
      (画像などの準備中なのです)
      これを読んでわからない人などいない!
      と言うくらいのものにしたいと思っていますので
      楽しみにしていてください!(自分にプレッシャー笑)

      >MAYさんのブログを読んで、最近は、もっとフィギュアスケートを見ることが好きになりました。
      おお、それは良かったです~
      一番の褒め言葉かもしれません、ありがとうございます。

      これからも更新していくので
      また遊びに来てください。

    • mimi
    • 2015.01.31 19:02

    こんばんは(*^_^*)
    記事をアップてくださって嬉しいです。
    MAYさんのプログは、フィギュアスケートのルールを勉強してより楽しみたと思っている者にとっては、貴重な存在なので、skatefanさんのおっしゃるように、無理のない程度に、続けていただきたいです。
    応援しています。

    ループのお話もとても勉強になりました。
    浅田選手が、セカンドジャンプにループを入れていたのは、改めて凄いことだったと思いました。
    休養している彼女が、常に高みを目指していたことに、アスリート魂を感じました。

      • MAY
      • 2015.02.04 0:46

      mimiさん、こんばんは^^
      こちらこそ、コメントしてくださって嬉しいです。
      ありがとうございます!

      そう言っていただけてうれしいです~
      私の頭の中にあるスケートの知識すべてを
      文章としてこのホームページに残していきたいなと
      思っているので伝わらない点も多いかもしれませんが
      楽しみにしていただければと思います。

      >浅田選手が、セカンドジャンプにループを入れていたのは、改めて凄いことだったと思いました。
      いや~今思うと、それをオリンピックでやったのは
      凄い事だったなと私も改めて思います。

      来シーズン、復帰しそうとの発言をテレビで見ましたが
      どうなるのか注目しております

    • matu
    • 2015.01.31 23:43

    MAYさん、こんにちは
    ループジャンプの記事はコメントしていらっしゃる方の意見含め、なるほど~と興味深かったです
    私は自分では滑らないこともあり、ループジャンプはスピードを落としたほうが飛びやすいのかな?と思う程度で、男子選手がループジャンプを飛ぶときにどれだけ足に力を入れるかは想像できなかったです
    ターン、ステップの記事も楽しみにしています

      • MAY
      • 2015.02.04 0:49

      matuさん、こんばんは^^
      コメントありがとうございます。

      アメブロの方では最初の方でジャンプの記事を書きましたが
      こちらのホームページになってから一つのジャンプのことで
      ここまで語ったことはなかったかもしれませんね。笑

      そのあたりは、私の中でも想像になってしまうので
      申し訳ないのですが。汗
      (一応コーチに確認とったりして、これだ!
      と思うものを書いています^^;)

      >ターン、ステップの記事も楽しみにしています

      ありがとうございます、もうすぐUPするので
      楽しみにしていてください^^

  1. お久しぶりに記事を書いていただきとてもうれしいです!
    本当に奥が深いスポーツなのだな、と、知れば知るほど、選手のみなさんを尊敬する気持ちが強くなります。
    あれから自分なりに勉強したので、ブラケットはわかります…多分??
    スリーターンとか、羽生選手の4Sの入り方をじろじろ見たし。
    でもRBIとか何とか、脳内で翻訳するのに5分くらいかかってしまいます。
    またよろしくお願いします。楽しみにしています。

      • MAY
      • 2015.02.04 0:52

      yuzurufightさん、いつもありがとうございます^^

      ほんと、奥が深いスポーツですよねぇ。。
      選手のレベルが上がって、色々なことを知るにつれて
      自分はとんでもないスポーツを好きになってしまったのだなと
      感じることも増えました。笑

      >選手のみなさんを尊敬する気持ちが強くなります。
      私も、同じくです。

      >あれから自分なりに勉強したので、ブラケットはわかります…多分??
      おお、素晴らしい^^

      >でもRBIとか何とか、脳内で翻訳するのに5分くらいかかってしまいます。
      これ分かりますよぉ、私もあまり得意じゃないです~笑
      私は自分が滑っているのを想像して
      氷上の自分に変換して理解したりするのですが
      そのターンをやったことない人からしたら
      ほんとに意味わかんないだろうなと思うのです。
      (だからこそ、そういう人にも理解してもらえる
      記事が書きたい・・・!)

      ありがとうございます、楽しみにしていてください^^

    • きれじろう
    • 2015.02.02 8:56

    >でもRBIとか何とか、脳内で翻訳するのに5分くらいかかってしまいます。

    すごくわかります!
    勉強しよう!と思って詳しい方々のサイトを見て、最初に私が「なんじゃこりゃ?」と思ったのはそこ(笑)

    ・RBI(右足、後進、インエッジ)

    って書いていただけると嬉しいんですけどね。
    その時点でサジを投げてしまった方も多いんじゃないかと思われます。

    他にもイロイロありますけど、例えばプロトコルを見て最初に悩んだのが

    ・9人のジャッジパネルが出した数値から最高点と最低点をカットして、あとの残りを足して7で割ってみたら、表記されてるGOE平均値と合わない

    とか。これってそれぞれのエレメンツに価値尺度があるってのを知らないと混乱するし。
    これなんかISUも初心者向けに「こうやって見てね♡」的な解説をプロトコルの最期あたりに追記してくれたらかなり違うような。

      • MAY
      • 2015.02.04 0:55

      きれじろうさん

      >これなんかISUも初心者向けに「こうやって見てね♡」的な解説をプロトコルの最期あたりに追記してくれたらかなり違うような。

      確かに、そうですよね。
      スケートを知りたい、と言う人にとって
      かなりそこらへんが壁となっていますよねぇ。

      このホームページも少しでもそういう人の
      為になれるように、固定ページを作って
      『プロトコルについてはこちらの記事』
      『ジャンプについてはこちら』
      『スケーティングについてはこちら』

      みたいな感じでまとめようかなとも思っているんですが。
      (だいぶ、記事が増えましたし)

      ちょっと、こちらでもいろいろ考えてみます。

    • cocoro
    • 2015.02.03 19:46

    MAYさんこんにちは。
    今日の全中で青木祐奈ちゃんの3Lzー3Loと3Lzー3Lo見てきました。
    本当にすごいフリーで感動しました。
    これからが楽しみな選手ですね。

      • MAY
      • 2015.02.04 0:57

      cocoroさん、こんばんは^^

      青木祐奈ちゃん!
      凄いですよねぇ彼女、ほんと。
      3Lz-3Lo、3S-3Lo。。。
      セカンドループを使いこなす、そして
      他も確実に決めてくる選手がついに出てきたなと
      衝撃を受けています。

      ほんと、これからが楽しみです。
      (上手く育ってくれるように願っています)

    • cocoro
    • 2015.02.03 19:48

    すみません。間違えました。二番目は3S-3Loです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP