フィギュアスケートの世界

三原舞依がシニアデビュー戦ショート2位発進!病気を乗り越えて・・・

三原舞依がシニアデビュー戦ショート2位発進!病気を乗り越えて・・・

こんにちは、MAYです。
 
 
今年もグランプリシリーズが開幕しました^^
 
 
今シーズンも記事を書いていこうと思うので
お付き合いしてくれる方は
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
 
今回はシニアデビュー戦で
ショート2位発進となった
三原舞依選手についてです。

スポンサードリンク

三原舞依のショートプログラムの演技 スケートアメリカ2016

いやはや、このメンバーで
ショート2位はすごいです^^;
 
 
6分間練習中に他の選手に
かなり近いところを滑るシーンもあって
ちょっと心配しましたが、、
 
 
最後までスピードが落ちない
いい演技でした。
 
 
17歳には見えないほどの
情感たっぷりな滑り。
 
 
3Lz-3Tで1.1の加点をもらっています。
 
あのスピードで3Lzを跳んでいくのは
やっぱりすごいです^^;
 
迫力がありますね。
 
セカンドのトゥループが
回りきってから降りてくるのが
素晴らしい。
 
 
細かい手や腕の表現も
綺麗でした。
 
 
スピンもすべてレベル4で
加点もしっかりもらってます。
 
 
2Aもしっかりきめる。
 
降りた後に、グーンと伸びていくので
ジャッジも加点があげやすいですね。
 
 
 
最後の3Fを綺麗に決めたかったところでしょうが
それでも素晴らしい演技!
 
 
 
もう滑れただけで嬉しいという
滑りきった後の表情に見えました。
 
点数はなんと65.75!!
 
 
技術点では35.72と
トップでした、すごすぎw
 
 

三原舞依選手がスケートを始めるきっかけになった浅田真央選手

三原選手は現在17歳の高校生。
 
小学校2年生の時に
テレビで浅田真央選手の演技を見て
憧れたことがきっかけでスケートを始めたそうです^^
 
 
いやぁ、
そんな選手がたくさんいるんだろうなぁ
真央ちゃんやっぱすごいなぁという思いと
そんな選手と浅田真央選手が
同じ試合に出るようになってしまった衝撃。笑
 
 
『目標は浅田真央さんの滑り、表情、表現力』
というほど浅田選手に憧れていた選手が
まだショートプログラムとはいえ浅田選手を
超えていってしまい、
グレイシーゴールド選手も
超えてしまったという驚き。^^;
 
 
これからも目が離せません。
 
 
 

三原舞依選手を襲った若年性突発性関節炎

実は、三原舞依選手は
“若年性突発性関節炎”というのを
患っております。
 
去年2015年の12月
初出場したジュニアグランプリファイナルで突然
両膝に激しい痛みに襲われてしまいました。
 
 
『歩くこともままならないほど』
と言う言葉でどれだけひどい痛みだったかが
うかがえます。。。
 
 
帰国後すぐさま病院へ。
 
『若年性突発性関節炎』との診断を受けました。
 
この若年性突発性関節炎は
16歳以下の小児期に発症する
原因不明の慢性関節炎なのです。。
 
 
適切な治療を受けないと
関節の破壊が進行してしまい
関節としての機能が果たせなく
なってしまうこともあるというものです。
 
 
 
一時は
 
足首


 
など関節の部分を
動かせない状況になってしまったのです。
 
 
しかし、彼女は負けませんでした。
 
病気が発覚後、地道な治療と
根気強い筋力トレーニングに励み
なんと4ヶ月でスケートに
復帰しました。

スポンサードリンク

ただ現在も朝は関節が動かしにくいそうです。
 
そんな状況であの過酷なスポーツを
やっているのかと思うと
ちょっと呆然としてしまいそうです。。
 
 
現在、月1回の点滴治療などで
痛みをコントロールしつつ
スケートの練習に励む三原選手です。
 
 
 
病気がひどい時には
車椅子で生活してたという舞依ちゃん。
 
 
そういう苦しみを乗り越えての
あのフィニッシュの笑顔だったのですね・・・
 
 
私はスケートをやるんだという
強い覚悟が彼女を輝かせてくれるのでしょうか。
 
 
これはまた楽しみな選手が出てきてくれました。
 
明日のフリーも楽しみです!
 
 
今回はここまでです。
読んでくださってありがとうございました。
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP