フィギュアスケートの世界

世界選手権2016 男子フリーについて

世界選手権2016 男子フリーについて

おひさしぶりです!
MAYです^^
 
 

世界選手権みておりました~
いやはや、とんでもない時代になってしまった^^;
 
 

今日は男子シングルについての
記事を更新していきたいと思います。
 
 
 

プロトロコルはこちらからどうぞ
世界選手権2016 男子ショートのプロトコル
 
 
世界選手権2016 男子フリーのプロトコル

スポンサードリンク

マックス・アーロンのフリー演技 世界選手権2016

マックス・アーロン選手
 
アーロンの演技に思わず涙が。。
 
美しいブラックスワンでした。
 
 

4Sを決めたときの観客の歓声がすごい
 
3Lz-1Lo-3Sの
最初のルッツの幅!
すごすぎですね。
 
なんでしょう、
良い演技というのは本当に心が震えますね。
 
 

最後のガッツポーズ、感極まった表情。
 

アーロンやった!!
 
 
 

イヴァン・リギーニのフリー演技 世界選手権2016

イヴァン・リギーニ選手
 
あれはコインの音ですか?笑
音の取り方が面白くて思わず見入るMAYです^^笑
 
いいなぁ
こういう選手大好きですよ
 
 
アメリカのお客さんのノリが良くて
選手が滑りやすそう。笑
 
 
魅せる選手にはとても強力な味方になってくれます^^
 
 
 

アダム・リッポンのフリー演技 世界選手権2016

滑る前から大歓声です
アダム・リッポン
 
4Lz!!
 
 
おお!着氷!!
おそらくアンダーローテだと分かりましたが
着氷しました!!!
 
 

落ち着いた、いい演技。
 
両手を上げたリッポンルッツも完璧です^^
 
美しい、美しい演技。
 
スピンでも大きな拍手をもらって
最後のコレオステップ。
 
 

最後のトリプルサルコウもしっかり決めて
ああ、もうこの時点で涙が。。笑
 
ガッツポーズ!
 
観客もスタオベです
 
よかった
すごくよかった

スポンサードリンク

リッポンもアーロンも
母国開催の中、観客を味方につけて
素晴らしい演技を見せてくれました。
 
 

おお、リンクサイドにアーロンまで来ている。笑
 
アルトゥニアンコーチと笑顔でハグしてましたね^^
 
 
アメリカ勢が素晴らしい演技を見せてくれたことが
本当にうれしかったです。
 
 
 

ミハイル・コリヤダのフリー演技 世界選手権2016

ミハイル・コリヤダ選手
 
 

おお、こんな選手がまた出てきていたのですね!
 
冒頭の4T
 
なんて美しい。
 
若き頃のクーリックに似ている
なんて言う方もいるようですね。
 
ジャンプが綺麗な選手です。
 
ミハイル選手も3Lzの幅が凄い。。
 
これからが楽しみな選手が増えました^^
 
 

羽生結弦のフリー演技 世界選手権2016

羽生結弦選手
 
ショートで素晴らしい演技を見せて
迎えたフリー
 
冒頭の4S
 
ああ、手をついてしまった。。
 
これは、サルコウジャンプを跳ぶときに
腰が少し左に入る過ぎてしまっているためで
 
いつもより入ってしまった分
無意識に戻そうとしたら
またそれで体が振れる。
 
その状態で回転をしてしまっているので
ああいうジャンプになってしまった、とのことでした。
(私だけではそんなことまった分かりません。汗)
 
 
4Tもいつもよりも
回転がぶれたものになりました。
 
これも跳び上がる瞬間に
右肩が少し落ちてしまっているから、だそうです。
 
 

後半の4Sで転倒
 
うーん、今日は彼のための日ではないのか。。
 
 

得意の3A-1Lo-3Sでも
3Aのあとにオーバーターン
サルコウが2Sに
 
3Loも少し軸が左に
 
最後の3Lzでも手をつく(?)という
普段の彼からはまったく考えられないような
プログラムになってしまいました。
 
 

6分間練習では素晴らしい4Sを見せてくれていたりと
調子がよさそうだったんですけれど。。。
 
 

トータルスコア
295.17で点数が低いなんて思ってしまう時代が来るなんて
思ってもみなかったです。苦笑
 
 
 

また来シーズン
素晴らしい演技を見せてくださいね。
 
 
 

ボーヤン・ジンのフリー演技 世界選手権2016

ボーヤン・ジン選手。
 
最初の4Lzはステップアウト><
 
4Sはなんとかこらえました。
 
 

後半の4T、こらえる
 
後半二本目の4T-2Tも着氷
 
 

彼を見ていると
4回転というジャンプの難しさを忘れてしまいそうです^^;
(3回転だって凄いコトなはずなのに。。笑)
 
ジャンプで少しずつぶれが出ていて
演技に硬さも見られましたが
初出場でこれはすごい・・・
 
 

これからも超人的ジャンプで驚かせてほしいです。
 
 

ハビエル・フェルナンデスのフリー演技 世界選手権2016

ハビエル・フェルナンデス選手
 
 

靴があっていない
何度もテープを直しているシーンがあったという
解説者の方の言葉がありましたが
そんなことまったく感じさせない
とんでもない演技でした。驚
 
 

スケート靴にテープ??
と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが
 
スケート靴はずっと履いていると
柔らかくなっていくんですね。
 
 

ただ、柔らかくなりすぎると
ジャンプの着氷後などに
グッとこらえることが出来なくなってしまいます。
 
なので、スケート靴をはいて
靴ひもをしっかりと結んだあとで
その上からテープをぐるぐると
きつく巻き付けるのです。
 
(ある人はガムテープだったりします。笑)
 
 

曲は映画「ガイズ&ドール」より。
 
 

最初のジャンプ
4T
 
なんて美しい。。
流れも完璧。
 
 
この時点で王座は
この人の物かと思いました。
 
 

続いて4S-3T
 
3A-2Tも完璧!
 
グングン彼の世界に引き寄せられました。
 
 

私はライストで見ていましたが
靴の状態なんてまったく知らずに
フジテレビの放送で知ったのですが
そんなこと嘘なんじゃないかと
思ってしまうくらいの抜群の安定感。笑
 
後半の4Sも最高。
 
 

これはとんでもなくいいフェルナンデス!
 
 

3Aもまた完璧。
 
 

手拍子に応援されて
3Lzも素晴らしい流れ。
 
 

ステップも魅せるのも本当に上手な選手。
 
 

大きな大会でバチっ!と
合わせてくる。
 
この凄さは何なのだろう。。
 
 

ショートでトップと10点以上の差
それをひっくり返してしまう強さ。
 
もう演技が終わる前から
ほとんどのお客さんが立ってしまっていましたね
 
高橋大輔さんの言葉で
『途中でおじいちゃんが幸せそうに彼の演技を見ていた』
という発言があってちょっと笑ってしまいましたが
私も彼の演技を見ながらうっとりとしてしまいました。
 
 
 

フェルナンデスやった!
 
堂々の二連覇です!!!
 
 

フリー216.14
 
ショートとの合計314.93
 
 

世界選手権でとんでもない点数を叩きだしてくれました^^
 
 
 

パトリック・チャンのフリー演技 世界選手権2016

おっと、最初のジャンプが3Tになってしまった・・・
 
3Aは素晴らしい出来!!
 
 

リンク、リンクが狭いよ~><
 
4T-3Tはリンクが大きければ絶対降りれたはず。
 
4Tを降りた時に壁に近づきすぎてしまっていたため
3Tを全力で跳ぶスペースがない・・・
 
 

チャンはもともとスピードがずば抜けている選手ですし、
トップスピードでジャンプを跳ぶような選手。
そういう選手がスピードを落としてジャンプを跳ぶことは
難しい。。
 
彼には広いリンクで滑らせてあげたいです。。。
 
 

そういうところもあったのか、
なかなか精彩を欠いてしまい上手くいきませんでした。
 
 

ただ、滑りはやはり素晴らしい。
 
いつか生で見てみたい選手です。
 
 

今回はここまでです。
読んでくださってありがとうございました。
 
 

P.S.
宇野昌磨選手については次の記事で書いていきます。
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 団体戦男子フリーについて

    2014年2月11日14:56

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP