フィギュアスケートの世界

五輪男子フリー直前 歴史を我が手に 

こんばんは、MAYです。
 

男子ショートが終わりましたが
いやはや、羽生選手凄かったですね~
 
 

団体戦の時よりもキレのある、いい演技でした。
 
 

ちなみにプロトコルはこちらから見れます。
五輪男子ショートのプロトコル
 
 
 

『緊張で足が震えた』なんて言っていましたが
まったくそんなふうには見えませんでした。
 

出だしの滑り、首を大きく回すところあたりから
『あ、大丈夫なんだ』と思い安心してみていることが出来ました。
 

彼がとても努力をしてきたこと、
たくさん知っていますが彼はやっぱり天才。
 
 
 

得点が表示された時の顔も最高でした^^
 
今日もそんな、やりきった顔
または嬉し涙を見ることが出来るのか。
 
 
 
そして、羽生選手に
『私は彼のヒーローだったかもしれないが
今は彼が私のヒーローになっている』
という言葉を贈ったプルシェンコ選手。
 
 
無念の棄権。
 
 
お疲れ様でした。
たくさんのものをスケート界にもたらしてくれた
偉大な選手です。
 

体がぼろぼろの状態でもロシアを団体優勝に導く強さ。
あなたの勇士を忘れません。
 
 
 
 
2位のパトリック・チャン選手は
やはり心配していた3Aのみ減点。
 

相変わらずスケートは滑っていましたね~
誰よりも高いPCSを叩きだしました。
 

フリーも3Aがやはり気になるところ。
 

4T、4T-3Tはしっかり降りてくるような気がしています。
 
 
 
 
3位のハビエル・フェルナンデス
 

今季はなかなかピリッとした演技ができません><

スポンサードリンク

4Sはオーバーターン(よく耐えました)となってしまいました。
 
 
 
4位の高橋大輔選手
 

最初の4Tは途中で回転が開いてしまいましたね、
ダウングレードでした。
 

残りの演技は素晴らしい。
 

特に、私が感動したのはスピンでした。
 

彼は本人も言っているようにスピンは得意な方ではありません。
 

でも彼は回転が遅くてもしっかり必要な回転数を回り切ります。
(回転が速くても必要な回転数を回っていないと
レベルを取ることが出来ません。)
 
 
 
ステップ、スピンともにレベル4を獲得したこともそうですが
いつも以上のスピンのキレを見せてくれたことに感動しました。
 

アクセルもいい感じですし、
これはビートルズメドレーも期待できそう^^
 
 
 
 

羽生くんが101.45
チャンが97.52
フェルナンデスが86.98
大ちゃんが86.40
 

5位となったドイツのペーター・リーバーも素晴らしい演技を見せてくれましたが
ここまでが男子の金メダル争いに入ってくるかなと思っています。
 
 
 
この中の誰が金メダルをとっても
その選手の出身国にとって初の男子シングル金メダルです。
 
 
 

歴史を我が手に
 

そんな強い気持ちでフリーを滑ってほしいと思います。
 
 
 

新しい歴史を目撃してしまうかもしれないと思うとわくわくします。
素晴らしい演技を期待しています。
 
 
 
P.S.個人的に気に入ったのはサスペンダーをうまく使っていた
ピンクの彼です。
 

アブサル・ラクムハリエフ
 

練習中もサスペンダーをしてステップしているんでしょうね。笑
 

笑わせてもらいました^^
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP