フィギュアスケートの世界

団体戦女子ショート ~前半グループ~

こんにちは、MAYです。
 

団体戦女子ショートが終わりました。
 

男子ショートと同じくまたまた
滑走順に書いていきたいと思います。
 

プロトコルはこちらから
団体戦男子ショートのプロトコル
 
 
 
  

第1滑走者、カナダのケイトリン・オズモンド選手。
 

解説者の方が言っていましたが
今シーズン怪我の影響もありこれが2試合目。
 

最初の3T-3T
 

セカンドの3Tの軸が曲がってはいけない方向へ曲がりましたが
難なく着氷。(跳びなれている選手だとあれくらいなんてことないのかな。笑)
 

3Fも軸が太くなってしまいましたが
綺麗に降りる。
 

イーグルからの2Aもスムーズ
 

スピンはすべてレベル4
 

笑顔でフィニッシュ。
 

良い演技でした^^
 
 
パトリック・チャン選手などが見つめる中
得点の表示を待ちます。
 

得点は62.54
 

実質今シーズン初めての国際大会が五輪という緊張の中、
やりきりましたね。
 
 
 
第2滑走者、中国の張可欣(チョウ・カキン)選手。
 

冒頭の3T-3T
 

一本目はチョンと氷をつくだけの軽いジャンプ
二本目は一本目よりも高いジャンプ!
 

続いて3Lz
 

うわっ、ディレイドのルッツ
(氷を蹴って少ししてから回り始めるジャンプのことです。)
 

私は良いジャンプだと思ったのですが
GOEで減点されています。
少し着氷でつまったからでしょうか?
 

2Aも着氷
 

スピンはしっかりレベルが取れているし
彼女の見せられるものすべてを出せたのではないかと思います。

得点は54.58
 
 

ハン・ヤン君に笑顔でよくやったねという感じで
肩を叩かれる張可欣選手^^
 
 
 
第3滑走者、イギリスのジェナ・マコーケル選手。
 

最初の3F-2T
 

3Tは綺麗に着氷。
 

レイバックスピンがレベル1なのが得点に響きましたね。。
(軸がずれてしまったのが影響したのだと思います。)
 

そのほかのスピンは高い評価。
 

2Aは綺麗に着氷。
 

得点は50.09
 
 
 
第4滑走者、ウクライナのナタリア・ポポワ選手。
 

曲はアランフェス協奏曲。
 

直前の滑走者ジェナ・マコーケル選手とまったく同じジャンプ構成。
 

3F-2T、3T、2A
 

3Tは、なんで減点されたのかな?(°_°)
 

最後のスピンがレベル2なのが残念。
 

本人はガッツポーズ、
やりきったのでしょうね^^
 

得点は53.44
 
 
 
第5滑走者、ドイツのナタリー・ヴァインツイール選手。
 

ケイトリン・オズモンド選手とよく似た衣装。笑
 

最初の3T-3T
 

間にオーバーターンが入ってしまう。
そこから3T持っていったのは良かったですね。
 

3Lzは堪えたようなジャンプになりましたがしっかり着氷。
 

スピンはすべてレベル4、素晴らしい。
 

2Aは軸が完全に後ろに傾いてしまい転倒。
 

いい流れだっただけに残念><
 

得点は52.16
 

後半グループへと続きます。
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP