フィギュアスケートの世界

宇野昌磨 メドベデワを参考にした3Tコンビネーション練習が活きて涙の全日本初優勝

宇野昌磨 メドベデワを参考にした3Tコンビネーション練習が活きて涙の全日本初優勝

こんにちは、MAYです^^
 
 
会社で出張などもあり
久しぶりすぎる更新となってしまいました><
 
 
全日本選手権2016の
男子シングルが終わりましたね。
 
いろいろな想いが溢れた
男子フリーでした。
 

スポンサードリンク

男子ショートは
 
無良くん凄い!
 
の一言^^
 
 

4回転を含むジャンプをすべて決めて
切れのいい演技を見せてくれた無良くん。
 
テレビの前で思わず唸ってしまうほどでした。
 
 
 
対照的だったのが昌磨くん。
 
4Fがステップアウト
4Tで転倒。
 
 
なんだか、今シーズンは
4Tで苦戦しているなぁ・・・
 
そして、なんだか
試合に集中し過ぎている感じが
彼の良さを削いでしまっている気がして
少しの不安を勝手に感じていたのでした。
 
 
刑事くんは、4Sはステップアウトでしたが
転倒せずに何とか踏ん張った!
 
 
確実に昨年よりも成長をしているところを
随所に見せつけたそんな
ショートだったんじゃないかと。
 
 
男子フリーはまず
日野龍樹やった!フェイくんやった!!
 
という感じでした。笑
 
 
NHK杯に出場できたことで
彼の中で吹っ切れたものが
あったのかもしれませんね。
 
しかも、NHK杯で見た時よりも
スケーティングそのものが
うんと上手くなっていた気が。。
 
 
4回転を外してフリーで
150点以上をもらえたことは
彼の中でまた自信になってくれると思います。
 
ずーっと中京のリンクで
毎日毎日練習していたと言う話も
聞いています。
 
 
4位入賞おめでとう!
 
 
そして、フェイくんが頑張ったのに
羽生くんがいないのが残念><
 
(日野選手もっと来いや!と
NHK杯の優勝インタビューで言っていた
羽生くん)
 
 
インフルエンザの怖さを改めて実感した
全日本選手権でもあります。。
 
 
そして、昌磨。
 

スポンサードリンク

4回転がショートフリーとも
一本もクリーンに入らなかった試合は
今シーズン確か初めてでしたね。
 
 
本番前のバックヤードで
コーチの美穂子先生も
よく見ると目が泳いでいるような。。
 
昌磨くんもそうとう入れこんでいる。。
 
 
こ、これが全日本4連覇中の羽生結弦選手欠場で
『絶対に宇野昌磨が優勝だよね』という
空気の中で戦わなければいけないプレッシャーなのか・・・
 
 
と思いきやバックヤードで
一番オーラを放っていた満知子先生w
 
 
さすが、クラブ存続の危機に
何度もさらされてきて
それを乗り越えてきた大御所は
貫禄が違いました。笑
 
 
 
昌磨くん、フリーを滑り出す前から
もう目がいつも以上にとんがっていたような気がして。
 
 
image
 
 
冒頭の4回転フリップ、トゥループの両方が
うまくいかず
 
 
ステップでもレベル2だったようで。。
 
3A-3Tの予定が
3Aの着氷でも乱れてしまって3T付けれず。
 
 
4T-2Tの予定が
4Tの着氷で乱れて2T付けれず。
 
 
これは、また今シーズン悩まされている
コンビネーションどこにつけるの問題で
コンビネーションを余らせた状態に
なってしまうのだろうか!?
 
 
とたぶん会場で見ていた観客の方たちは
2本目の4Tが単独になった時点で
本当にひやひやしながら見ていたのではないかなぁ
と思うんですけれど^^;笑
 
 
ここからが彼の練習の成果が
発揮されたところでしたね。
 
 
 
メドベデワ選手の練習を見ていて
自分もやろうと思ったという、
 
すべてのジャンプの後ろに
3Tをつけるというもの。
 
 
数年前までエッジエラーを取られていた、
単独でしか見たことがなかった3Lzに2Tをつけて
 
同じく単独でしか見たことがないサルコウにも
3Tをつけました。
 
 
リンクサイドの美穂子先生と満知子先生が
大きな拍手を送っています^^笑
 
 
(サルコウを跳んだ瞬間に
美穂子先生が『(3T)いけ!』って
言ったのが聞こえたようですね^^笑)
 
 
一番難しいはずのコンビネーションジャンプ
3A-1Lo-3Fは完璧に決めてきちゃう昌磨先生ですw
 
 
もう、クリムキンイーグル(キャントリバー)
を終わったあたりから
昌磨くんの顔がいっぱいいっぱいですね。。
 
 
 
image

 
 
スピンを終わって
フィニッシュのポーズをとって
膝に手を置き思わず涙する昌磨くん。
 
 
image

 
この泣き顔を見ると
昔リンクでよく泣いていた彼を
思い出します。
 
 
泣きながら練習していた
あんな小さな男の子が
全日本で優勝してしまう日が来たのだなぁ
と勝手にしみじみしています。笑
 
 
私がリンクにいた頃は3Lzでよく転倒していたけれど
今回はしっかり跳んで2Tもつけれるようになっていて。
 
しっかりと、彼が積み重ねてきたものを
見せられた大会でもあったなと思いました。
 
 
 
キス&クライでコーチと抱き合って。
 
おお、バックヤードで
満知子先生と美穂子先生が
抱き合っている!
 
 
なんてレアなんだ!w
 
 
宇野昌磨選手が苦しみながらも
全日本選手権で初優勝を果たしました。
 
 
グランプリ東海から
初の男子の全日本王者の誕生です。
 
 
宇野昌磨選手の記事まとめはこちら
 
無良くんは4回転を2本決めたのは
良かったのですが後半・・・
 
 
やはり疲れてしまいましたかね。。
 
ショート1位から結果として
3位に落ちてしまったのが残念でした。
 
 
刑事くん、よく頑張った!!
 
4Sも綺麗に決めて
本当は彼の中でもっと良い物が
見せれるのに、と言う気持ちも
あったと思うんですけれど
 
ジャンプをこらえつつ
大崩れしなかったのは
着実に上手になっている証拠ですよね。
 
 
全日本選手権で2位。
 
刑事君が世界選手権に選ばれるのかな。
 
 
 
無良くんや刑事くんも言っていたようですが
やはり全日本選手権に羽生結弦選手がいないのは
なんだか不思議な感じがした、と。
 
 
オリンピックプレシーズンの今年の
この全日本選手権の結果が
今後どのような影響を及ぼしていくのか。
 
 
色々な意味をもつ大会だったのではないかと
思いました。
 
 
とにかく!
男子シングルに出場された選手の皆さん。
 
そして、見に行かれた観客の皆さま
お疲れ様でした!
 
今日も女子シングルがありますので
見に行かれる方は楽しんできてくださいね^^
 
そして、選手の方たちが
持っている力のすべてを発揮できますように。
 
 
今回はここまでです。
読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 
P.S.
たくさんのクリック
ありがとうございます^^
 
皆さんの応援が嬉しいです!
更新がんばります^^笑


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP