フィギュアスケートの世界

宇野昌磨がついにトリプルアクセル習得か クロアチア大会2014直前

宇野昌磨がついにトリプルアクセル習得か クロアチア大会2014直前

こんばんは、MAYです。
 
ちょっと楽しみなニュースを聞いたので
勢いで書いちゃいます。笑
 
 
今週、ジュニアのクロアチア大会に出場予定の宇野昌磨選手が
練習中で初めてクリーンにトリプルアクセルを着氷したそうです。

スポンサードリンク

映像もちらっと見せてもらったのですが
うむ、これは回転も足りているでしょう!!^^
 
な、トリプルアクセルでした。
 
 
 
彼の場合、背がまだ一般的な16~17歳の男子と比べて
小さいこともあってジャンプにそこまでの高さが出ないので
どうしても今は四回転もトリプルアクセルも
腕の振り回す力を少し使っている状態です。
 
 
 
こないだのメーテレ杯で
四回転を2本着氷していましたが
両方とも左軸寄りの4回転トゥループでした。
 
 

着氷後に左腕をうまく使って、
綺麗に滑って行ってましたよね。笑
あれができるのが凄いと思うのですが。
 
 

(高橋大輔選手が
先シーズン四回転に苦しんでいましたが
あれも、膝を痛めてしまったため
ジャンプに高さが出なくなったことが
原因と考えています。
 
 

そのため、その高さで回転するためにどうしても
腕で振り回し気味の左軸ジャンプになってしまう、
そんなイメージ。)
 
 
 
昌磨くんはオフシーズンに
以前町田樹選手のコーチだった
アンソニー・リュウコーチに3Aを
指導してもらっていたそうです。
 
 
 
しかし、なかなか3Aは跳べず^^;
 

ついでに4回転もやるか、
という感じで練習し始めたところ
なんと4回転の方がすぐに
習得してしまった。(驚)
 
 
 
トリプルアクセルと4回転、
どちらかが得意な人が
トップ選手には多いような気がするのですが
 
 

この間、知り合いのコーチが
面白い考えを言っていたので
ここに書きたいと思います。

スポンサードリンク

トリプルアクセルが苦手で四回転が得意という選手で
私が思いつくのは
 
 

・ステファン・ランビエール
・パトリック・チャン
 
 

他にもいそうな気がしますが
この二人が一番に思い付きます。
 
 
 
パトリック・チャン選手はこの前のジャパンオープンで
久々(?)に頑張って3Aを降りていましたが
それでもやっぱり不安定な感じはしました。
 
 

ランビエール選手の場合、3Aを跳びにいって
跳び上がって回転しだして、
『あ、これむりだ』と思ったら
2Aにしてしまうということが
結構あったように思います。
 
 
 
知り合いのコーチが3Aが苦手で
四回転が得意な選手たちにこの二人を思い浮かべていたかは
わかりませんが
 
 

その人が言っていたのは
 
 

『スケーティングが滑る人って
トリプルアクセル苦手だよね』
 
 

ということでした。
 
 
 

んん、なんか納得かも。
 
 
 

アクセルって左足のアウトエッジで踏み切って、
前向きに跳びあがっていきますよね。
 
 
だから、スケーティングがよく滑る人(上手な人)は
その状態で高さを出すことが不得意なのではないか
 
 

ということでした。
 
 
 
ルッツが得意、フリップが得意
みたいなものかな~と思います。
 
 

(ルッツ・フリップ両方エラーを
取られずに綺麗に着氷する人も
増えてきていますが、
どちらかのジャンプの方が
跳びやすいという選手がやはり多いそうです。)
 
 
 
昌磨くんはルッツ矯正しましたもんね。笑
 
 

今シーズンのジュニアグランプリシリーズは
ショートの単独ジャンプで『必ず』ルッツを
跳ばなければいけないという事で
気合入れて直したんでしょう。
 
 
 
トリプルアクセルがプログラムにしっかり入れば
スケーティングや表現力の面の点数も伸びるてくるでしょう・・・
 
 

最近はPCSも高い点数ですし・・・
 
 
 
メーテレ杯の前の彼の特集では
『驚異の四回転ジャンパー』
なんて紹介されていて
 
 

中京のリンクで取材が入っているときに
たまたま、初めて跳ぶことができた4T-3Tを
1回しか跳べていないのに、
いろいろな角度から撮られたものを
5分くらいの特集で何度も使われていたので
まるで何回も成功しているかのようでしたが。笑
(編集って怖い!!笑)
 
 

でも、試合でほんとに降りてしまう。
この前のメーテレ杯が、初めて曲の中で
4回転を2本降りることが
出来た最初のプログラムだった
と聞いています。
 
 

どんだけ強いんだ、君は。。
 
 

そして、トリプルアクセルが跳べないけれど
四回転の調子があまりにもよかったため
『2A-4T』のコンビネーションを練習していたとか。。
 
 

セカンドの四回転。笑
 
 

回転不足ながら下りていたという話もあるから
もう、何も言えません。
 
 
 
いやあ
ほんとにこれからが楽しみです。
 
 

今年は、彼の成長も見たいので
ジュニアの大会にも
いつも以上に注目しています^^
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 五輪男子フリーを終えて

    2014年2月16日0:15

  2. 魂の火を燃やせ

    2014年2月20日11:43

コメント

    • rika
    • 2014.10.07 22:00

    MAYさん、お久しぶりです・・。
    また、色々細かい部分を教えて頂けるのが楽しみです。

    私も、ほんの少しだけですが前よりは、ジャンプやスピンなどが分かるようになりました・・・。
    羽生くんとパトリック、アディアン・ピトキーエフくんのファンです・・。
    この前、JOとCaOIを観に行ってきました・。パトリックの「ショパンメドレー」素晴らしかったです・・・。
    ただ、細かいステップや・・、今回のプログラムの本当のすごいところは、なかなか分かりません・・・。
    お時間がある時に、パトリックの新プロを解説してもらえますか?
    特にステップです・・。
    宜しくお願いします・・。

      • MAY
      • 2014.10.13 23:25

      rikaさん、コメントありがとうございます!
      おひさしぶりです^^
      JO見に行かれたのですね~
      パトリックチャン選手を生で見られたなんて羨ましい>< (まだ一度も生で見たことがないのです。。) ショパンメドレー良かったですよねぇ 了解しました! 一度記事にしてみますね^^ 数日後にはアップできると思うので ちょっとだけお待ちくださいm(__)m

  1. 初めてコメントさせて頂きます。
    宇野選手が3A決まるかも?!という情報ありがとうございます!
    プチ情報が満載で嬉しいです~
    俄然クロアチア大会が楽しみ&ドキドキになってきました。

    3A苦手クワド得意はスケーティングが絡む・・
    なるほどですねぇ
    でも宇野選手には3Aもクワドも得意となって貰いたいですね~

      • MAY
      • 2014.10.13 23:29

      suponaさん、初めてのコメントありがとうございます!
      ちょっと情報入れすぎましたかね。笑
      楽しんでいただけたようでうれしいです^^

      そして、昌磨くんは
      圧倒的な強さを見せつけて優勝してしまいましたね。笑

      私は物理学的な事とか、そこまで詳しくないので
      本当にそうなのかどうかは分からないのですが。。
      ただ、昌磨くんは近々試合で綺麗な3Aを降りてくれると
      私は思っていますよ!^^

    • kou
    • 2014.10.11 14:25

    初めまして。

    フィギュアスケートに関して知らない事だらけの素人ですが、
    フィギュアスケートを理解したいと、PC上で学んでいるところです。

    初歩的な事なので、少し恥かしいのですが・・・。教えてください。

    プロトコルのCCOsp3は
    チェンジフットコンビネーションスピン レベル3と理解しています。

    CCOSP3P4はなんでしょうか?P4がなぜ付いているのでしょうか。

    よろしくお願いします。

    • L’oiseau Bleu(ロワゾーブルー)
    • 2014.10.12 12:44

    MAYさん
    おかえりなさい。やはりフィギュアスケートはオフシーズンになるとネタがありませんからね。
    MAYさんのブログなんでMAYさんの楽しめる範囲で更新されるのが一番だと思います。

    宇野昌磨選手、3Aイケそうなんですね。
    彼を初めてテレビで見たのはユースオリンピックで庄司理沙選手が特集されていた番組だったかな。「え?ジュニア??」と思ったのを覚えてます。成長期は個人差があるものの、どう見ても小学生にしか見えませんでしたねぇ(失礼ながら)
    JGPザグレブ大会の映像を見ました。筋力もついたようで、トップスピードに持っていくのが早く、エッジも深いエッジで滑れていたように見受けられました。そこらへんはP.チャン選手を研究しているかもですね。
    3Aが跳べなくて4回転降りられる…。うーん、田村岳斗選手(現コーチ)を思い出します(笑)
    この年代で高いレベルのPCSが出ていて、これからますます体力の伸び代が期待されると思うので、ケガにだけは気を付けてほしいですね

    >kouさん 初めまして
    おっしゃる通りCCosp3はチェンジフットコンビネーションスピン レベル3です。おっしゃる通り、今シーズンは何か記号が増えていますね。
    CCoSP3P4はですね
    C(=チェンジフット)
    Co(=コンビネーション)
    Sp(=スピン)
    3P(含まれている基本姿勢(アップライト、キャメル、シット)の数)
    4(=レベル4)
    となっているようです
    スピンは上述の基本3姿勢で少なくとも2回転以上回らないといけません。コンビネーションは自動的に2種類以上になりますね。で、2種類しか含まないスピンと3種類すべて含むスピンを同じ価値にするのはどうだろう?ということみたいです。
    テクニカルハンドブックには
    「2回転以上回っている基本姿勢を2つのみ含む足換えありまたは足換えなしのスピン・コンビネーションは、2回転以上回っている基本姿勢を3つすべて含むスピン・コンビネーションに比べて低い基礎値になる」
    「2つまたは3つの基本姿勢を含む足換えありまたは足換えなしのスピン・コンビネーションの略号は、基本姿勢が2つの場合CCoSP2P4およびCoSP2P4であり、基本姿勢が3つの場合、CCoSP3P4およびCoSP3P4であり、コールは”スピン・コンビネーション、足換えあり/(足換えなし:コールなし)、2/3姿勢、レベル4”となる」
    とあります

      • kou
      • 2014.10.13 9:40

      ロワゾーブルーさん kouです。初めまして。
      解かりやすく説明をしていただき、とても嬉しく思います。
      ありがとうございました。

      MAYさん おはようございます。
      あなたのサイトに感謝いたします。

        • MAY
        • 2014.10.13 23:40

        kouさん、初めてのコメントありがとうございます!

        私のサイトがお役に立てたようでうれしいです^^
        また遊びに来てくださいね!

        そして、このサイトでお世話になっている
        きれじろうさんからもkouさんへの質問回答を
        いただいたのでこの場で書かせてください。

        kouさん

        いずれもチェンジフットコンビネーションですが、
        ・CCOsp3
        は以前までの表記方法です。
        以前までのルールは
        ・一つのスピンコンビネーションにおいて3つの基本姿勢が含まれていなければ強制的にレベル1
        となっていました。

        それが今期から
        ・最低2つの基本姿勢
        があればレベルが認められるようになりました。
        また表記方法も変わりました。
        もしこれでレベル4をとれたとしてこれを表記すると
        ・CCoSp2p4
        になります。
        基礎点は2.5点もらえます。
        これが基本姿勢を3つ組み込んでレベル4だった場合、
        ・CCoSp3p4
        と表記されます。
        基礎点は3.5点もらえます。

        要は、CCoSpの後ろについている2pや3p
        は今期からのルールに対応した表記方法で、
        ・2positions
        ・3positions
        の略称です。

        つまりルール変更によって表記方法が変わったのです。

        なお、基本姿勢とは
        ・キャメル姿勢
        ・シット姿勢
        ・アップライト姿勢
        の3つを指します。

      • MAY
      • 2014.10.13 23:37

      L’oiseau Bleu(ロワゾーブルー)さん、コメントありがとうございます!
      温かいお言葉、ありがとうございますm(__)m
      自分のペースで更新していきたいと思います^^

      昌磨くん、ショートの3Aイケると思ったんですが
      すこ~し左軸過ぎましたかね。笑
      でも、まあすぐに降りられるのではないかと
      私は思ってしまっていますが。

      昌磨くんのエピソードは一つ一つが面白いので
      私も結構覚えてしまっているのですが
      全日本ジュニア選手権だったかな?
      6分間練習の時に、体格の差もあって
      他の体が大きい選手にどうしてもひかれそうになってしまって
      ほとんどジャンプの練習が出来ずに終わった時があったそうです。笑
      でも、本番は完璧な演技をしてしまって。
      観客の心をわしづかみにしたとか。笑

      そっか、田村岳斗さんもだったのですね~
      昌磨くんはほんとに一生懸命練習する子らしいので
      疲労やけがに特に気をつけてほしいですね。

      そして、kouさんへの回答ありがとうございます!m(__)m
      私でしたら、ポジションが3つでレベルが4の意味ですよ~
      ぐらいにしかきっと説明しておりませんでした。汗

      いつもありがとうございます。
      これからもよろしくお願いいたします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP