フィギュアスケートの世界

実力どおり?のNHK杯男子 フリーを終えて

こんばんは、MAYです。

NHK杯すべての競技が終わりましたね^^
残すところはエキシビションだけなのですが
今日は男子フリーについて話していきたいと思います。

スポンサードリンク

まず、いつものようにプロトコルを
NHK杯男子フリーのプロトコル

ショート、フリーともに1位になった高橋大輔選手から
お話していきますが

全体的にうまくまとめてくれたという印象でした^^

最初の4TはよかったですねーGOE+2もらってます。

つづくジャンプは4T-3T(ひょっとしたら2T?)の予定でしたが
うまく絞まらず単独の3Tとなってしまいました。

この時点で、『あれ?コンビネーションどうするんだろう・・・』
とMAYは一抹の不安を抱えていました。

3Aはお見事^^
(前回のアメリカ大会であったような3Aの入りでの左足のぶれは
まったくなくなっていたので今大会の3Aは
安心して見ることができました^^)

ステップは相変わらずカッコいい。
客席の近くで止まるところがたまりませんね。笑

スピンは昨日あまりレベルが取れていませんでしたが
今日はレベル4を獲得していました。

そして私が一番あせった3A-2Tなんですが。。

3Aで体が着氷時に左に開いてしまい転倒、
プログラムの最初で3Aを単独で跳んでいるため
『このままだとシークエンス扱いになってしまう』
と判断した大ちゃんはすぐに立ち上がって
2Tをつけるわけです。

シークエンスだとジャンプの基礎点が
0.8倍されてしまい点数が下がってしまうのです。

でも、大ちゃんは2Tをつけました。

私は見ていて
『え、これ、単独の2Tとして見られてしまうんじゃ・・・』
と思ったのです。

3Aを跳んでから2Tまで少し時間がありました。
なので単独の2Tと判断された場合
2Tが独立したジャンプとなるので
最後の3Sが跳びすぎたジャンプとして
キックアウトされ3Sの点数がなくなるんじゃないか

と思ったわけです。

でも、プロトコルを見ると3Aのシークエンス扱いになっていますね。

よかった^^;

(2007年の東京の世界選手権でキムヨナが確か同じ様なことを
やってしまってやらなきゃよかったみたいな記憶があったので。
ただこれからもしこういうことがあったら
やんないほうがいいんじゃないかな~なんて。)

残りのジャンプは綺麗に決めてくれましたー
PCSではInterpretation、曲の解釈が一番点が出ていますね
今回のプログラムはそういう評価を受けるものみたいですね。

結果としてコンビネーションは3連続のみ、
技術点では織田君に約7点差をつけられるも
演技構成点で突き放してフリーでも1位となりました。

1位、4位でファイナルはどうなるかわかりませんが
いけることを願っています>< (今回の結果を踏まえるといける気がしますが、、、 なんていったってファイナルは福岡!) そして、2位の織田君。 最初の4T-3Tの予定が 3T-1Tに。。。。。 これ、1Tにしたのはちょっと迷いがあったのかもしれませんね。 彼の能力的にあの体勢から3T-3Tのコンビネーションに持っていくことも 十分可能です。 ただ、それをやってしまうと3A-3Tの3Tを 跳んだ時点でザヤックルールにひっかかります。 なので今回はそれを踏まえて回転数を落としたのでは・・・? とMAYは読んでおります。 (まあ2Tでもよかったと思いますが。) たとえばここで3T-3Tにして3A-2Tにするより 3T-1T(もしくは3T-2T)にして3A-3Tにしたほうが 評価は断然高くなります。 基礎点の合計は変わりませんが 難しい3Aのあとに3Tをコンビでもってくる というところで印象とGOEが違ってくるのですねー 4Tは綺麗に決めて ほかのエレメンツもしっかりこなして フリーの得点は170点に乗せてきました。 織田選手もいい感じ^^ 長年日本のフィギュアスケートを牽引してくれている この二人がNHK杯で1位、2位をとってくれて うれしい限りです。 キス&クライでの二人の表情を見ていると オリンピックに行ってほしいな~なんて思ってしまうMAYでした。 長くなりそうなので2つに分けます。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. お詫び

    2013年11月20日21:31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP