フィギュアスケートの世界

宇野昌磨がJrGPファイナル2014初優勝!山本草太が2位フィニッシュ!

宇野昌磨がJrGPファイナル2014初優勝!山本草太が2位フィニッシュ!

こんにちは、MAYです。
 
いやはや、スケートで嬉しい出来事が多すぎて
それを見るのと伝えたいのとで時間が足りません。笑
 
 
まずは、男子ジュニアから^^
 
 
 
ジュニアGPファイナル2014男子フリーのプロトコル
 
 
 
日本時間の深夜1時くらいから
ジュニア男子グランプリファイナルのフリー演技が
始まるとのことで、どうしようかな~夜遅いしな~
でも、草太君も昌磨君も見たいし、、、
 
と少し迷いましたが、今日は会社が休みという事もあって
ガッツリ見てしまいました。笑

スポンサードリンク

昌磨君、ほんとに流石でした。。
 
 
最近はシーズン前半とは違って
4回転よりトリプルアクセルの方が
調子が良いとのことで
4Tを1本、3Aを2本の構成でしたが
両方ばっちり決めてくれましたね。
 
 
特に、単独の3Aは美しすぎた。。
(GOE +2.14 凄すぎです)
 
 

2A-1Lo-3Fもばっちり^^
 
 
そして、後半5つのジャンプの
一番最後に3F-3Tを持ってくるという
攻めの構成。
 
 
ジャンプは全部クリーン着氷
ステップ、スピンもすべてレベル4
 
 
素晴らしい出来でした。
 
 
バン!という音に合わせての手の振り、
ジャッジ側を向いてのイナバウアーが好きすぎる。
 
 

何回かこのホームページでも取り上げていますが
彼はほんとにジャンプのミスの少ない選手です。
 

回転軸が、空中で左に曲がってしまっても
着氷時に腕や上半身で調整することによって
クリーンに着氷することが出来てしまう。
 
 
実際、今大会のジャンプでも
『あ、ちょっと左軸(汗)』と
いうものがありましたが、
心配いらなかったです。
 
 
去年のグランプリシリーズや全日本、世界ジュニアでも
ほんとにジャンプのミスがなくて。

スポンサードリンク

ただ、4回転やトリプルアクセルの
大技をもっていなかったから
やっぱりそこで点差をつけられてしまっていて
『跳べるようになったらすぐに
世界ジュニアとっちゃうんだろうな~』
 
 
なんて思っていましたが、
まずはジュニアグランプリファイナルを
制しました。
 
 
最後のスピンの気迫、演技後のガッツポーズには
心が震えました。
 
 

そもそもジュニア男子のフリーって
シニアと比べてエレメンツが1つ少ないんですよ。
 
それでフリー163点だしてしまうなんて、
とんでもないです。汗
 
 

彼にとって、今年は本当に飛躍の年ですね。
全日本も期待しています^^
 
 
 
 

そして、ショート1位ということで
最終滑走者となった山本草太くん。
 

冒頭の3Aは、
ああ~、タイミングがうまく合いませんでしたかね。
 
 
(空中で草ちゃんも
『ああ~』って感じの顔してますね。笑)
 
 
ただ、そのあとの演技は良かったですね^^
 
 
2A-1Lo-3Sをやっていましたが
3Aがもっと跳べるようになったら3Aのバージョンも
練習するのかな?と思ったり。笑
 
 
最初の3Aが1Aになっただけで
他のエレメンツはきっちり決めてきました。
 
 
演技後、長久保先生に
『お疲れ様』と声をかけられていますね^^
 
 
まだ14歳。
男の子はどんどん伸びていきますから
ほんとに成長が楽しみです。
 
 
 
 

そして、昌磨くんへのスタオベ&大歓声の後に
滑ることとなった、ショート2位のボーヤン・ジン選手。
 
 
緊張からでしょうか、
焦りが演技に出てしまっているように見えました。
 
 
そして、ザヤックルールに引っかかってるぅ><
 
 
最後のトリプルルッツがInvalid elementとして
無効となり0点です。。
 
 
(これは、、この構成を見ると
コーチも気づいていなかった可能性ありですね^^;
 
 
メーテレ杯の時は、4T-2Tだったから大丈夫だったのか。。)
 
 
ザヤックルール怖いなぁ・・・
 
 
日本人選手のワンツーフィニッシュという事で
最高の結果になったジュニア男子グランプリファイナル。
 
 
今まで男子ジュニアでファイナルを制したのは
2005年の小塚選手、2009年の羽生選手
そして今年2014年の宇野選手となりますが
4、5年のスパンが今のところあるようです。
 
 
宇野選手は来年からはシニアに転向しそうな気がしますし
これから日本の男子フィギュアがどうなっていくのか
 
 
年々レベルの上がるジュニアの戦いからも
目が離せなくなりそうです。
 
 
選手の皆さんお疲れ様でした!
 
 
今回はここまでです。
 

読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

    • はな
    • 2014.12.14 11:03

    私もライスト見て大興奮しました。
    MAYさんのおかげで腕で着氷調整してるのがわかるようになりました。SPの3Aは「空中でどこにいるかわからなくなった」そうです。わかってれば修正できたってことなんでしょうか(汗)プルシェンコ選手は背筋で軸を修正してしまうとか。町田選手はフリーレッグで修正してるような気がしますがどうでしょう?
    山本君は宇野君のスタオベ後に演技するイメトレしてるらしいので対応できたでしょうが(全日本Jrは想定外だったとかw)ボーヤン君・・・メーテレ杯でも4T跳びすぎてましたよね?SP独特で結構好きなんですが、ある意味王道中国男子ですよね。そしてロマン君がFP素敵でした。
    宇野君のFPイナバウワーいいですよね!シニアではもうちょっと長くお願いしたいですwそしてツイヅルの踏みかえの足を流し目で後ろから出すところが大好きですw何なんでしょうかあの色気は・・・
    山本君、アボット並みのオフバランスなんじゃ?と思うスケーティング。宇野君に追いつけ追い越せでメンタルも強い!ジャンプ高いからクワド修得楽しみです。
    長々と失礼しました。全日本楽しみなような怖いような・・・

      • MAY
      • 2014.12.19 23:46

      はなさん、コメントありがとうございます^^
      お、それは良かったです~
      彼の場合、パワーが少し足りないのもあって
      腕の振り回す力を使ってジャンプを跳んでいるので
      その回転の力を止める力も必要になってくるんです。
      それがあの腕のくるくるなんですよね。笑

      あの3Aは跳び上がる方向がとんでもなかったですね。笑
      プルシェンコ選手が背筋で軸を修正するのは
      個人的にすごくイメージがつきます。
      背筋をくっっと右軸に入れることで軸修正してるんです。
      町田君のフリーレッグも分かります~
      大輔君もそうだったような気が。

      草太くん、これからもどんどん上手になっていきそうですね~
      ジュニアからも実力ある子がどんどん出てきますね、ほんと^^;

      昌磨くんのイナバウアーいいです~
      振り付けの美穂子先生的には長すぎないのがお洒落
      みたいな感じで考えてそうな気もします。笑

      色気、でてきましたよねぇ。
      あんなに泣いていたのに、しっかり大人になっていってます。

      アボット!確かに彷彿とさせるスケーティングですね^^
      草太くんは着氷がほんとやわらかいんですよね。
      全日本も楽しみです。確かに、1~8位くらいまで
      とんでもないことになっているかもしれませんね。。

      いえいえ、長々ありがとうございます。
      楽しませていただきました^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP