フィギュアスケートの世界

本田真凛 悔しさをばねに世界ジュニア女王は強くなる 2016全日本ジュニア3位

本田真凛 悔しさをばねに世界ジュニア女王は強くなる 2016全日本ジュニア3位

こんにちは、MAYです^^
 
少し時間がたってしまいましたが
全日本ジュニアのことについて
書いていきたいと思います。
 
今回は全日本ジュニアで3位になった
本田真凛選手についてです。
 
 

本田真凛選手のフリー演技 2016全日本ジュニア選手権

 

いつものように濱田美栄コーチと
おでこをつけて
 
歓声に笑顔を浮かべて
 
スタートポジションにつきます。
 
 
 
曲は『ロミオとジュリエット』
 
ずっと前から真凛ちゃんが
滑りたいと思っていた曲。
 
ジェフリーバトルさんの振付です。
 
 
 
真凛ちゃんも
スケーティングが良く滑る選手ですね^^
 
滑っているときの姿勢が綺麗です。
 

スポンサードリンク

最初のトリプルルッツ
 
 
おっと、緊張からでしょうか
タイミングが合わず高さが
いつもよりだいぶ低くなりました。
 
ダウングレードで
降りてきてしまいました。。
 
 
たぶんここは
3Lz-3Tの予定だったはず。
 
 
どこかでセカンドの3Tを
いれたいところ。
 
どこで入れるんだろう?
 
と、ハラハラしながら見ていました。
 
 
一つ一つの動きが
華やかな選手ですね。
 
 
次のジャンプは3F
 
あれ?
今、セカンドのトゥループやろうとした??
というジャンプの降り方に見えました。
 
 
しかし、さーっと滑っていきました。
 
(ひょっとしたら
迷ったのかもしれません)
 
 
ステップのところのピアノの曲が
とてもきれいな曲ですよね。
 
この曲を聞くと
ニースで行われた
2012年の世界選手権での
羽生結弦選手のフリーを思い出します。
 
あの素晴らしい演技の感動が
よみがえってきます。。
 
 
2A-3T-2Tは綺麗に決まりました。
 
 
もう少し、ジャンプに
余裕があるといいんですけれどね^^;
 
 
なんというんでしょうか、
 
余裕はありますし、綺麗なんですけれど
私だけかもしれませんが
『なんとか降りれた~』という
ジャンプに見えてしまうんです。
 
 
(その時のメンタルも
関係あるかもしれませんね)
 
 
3Sはばっちり!
 
その前のターンもすごくきれいです。
 
 
3Loも問題なし。
 
 
3F-2Tも決めました。
 
 
ああ!
シングルアクセルになってしまった><
 
 
ひょっとしたら、ここを
2A-3Tとかにするつもりだったんでしょうか?
 
 
(2Tをこれまでに2回跳んでいるので
1A-2Tをやってしまうと
ノーカウントになってしまいますもんね。。
 
3Tが出来ないのであれば
コンビネーションは跳ばないという
今回の決断の方がよかったです。)
 

スポンサードリンク

それでも美しかった。
 
ジュニアとは思えない演技でしたが
本人としては悔しいのでしょう。
 
 

真凛ちゃんは
今シーズン、2位と言う結果が
続いていました。
 
 
ジュニアGPシリーズ
日本大会で2位
 
スロベニア杯で2位
 
近畿選手権で2位
 
西日本選手権で2位
 
1位は日本大会と西日本選手権が
紀平梨花選手。
 
スロベニア杯と近畿選手権が
坂本花織選手でした。
 
 
なんて、ハイレベルな
ジュニア女子になったんでしょう。。
 
 
だからこそ、今回は勝ちたかった。
そういう思いが強かったのでしょう。
 
悔しさをこらえて
観客にお辞儀をします。
 
 
凍り付いたような表情で
リンクサイドへ向かいます。
 
 
キス&クライで
泣きそうな表情を浮かべる
本田真凛選手。
 
image
 
得点が表示される前に
手を合わせて。
 
 
フリーの得点は111.37
 
自己ベストには大きく及びません。
 
ジャンプで点数は
稼げませんでしたが
演技構成点(PCS)で
全体の2位の得点(59.68)
をもらっています。
 
 
ショートとの合計得点は
176.23
 
 
なんとか、3位
表彰台に乗ることが出来ました。
 
 
 
元々、真凛ちゃんは
ショートとフリーで
良い演技がなぜかそろわない
と言われてしまう選手でした。
 
 

そして、その両方を
見事にそろえることができた
2016年の世界ジュニア選手権で
初優勝。

 
 
このとき、まだ全日本ジュニアで
表彰台に乗ったことがなかったのですね。
 
 
この悔しさがきっと
強さになってくれます。
 
 
優勝した坂本花織選手と
固くハグをかわします。
 
 
目はずーっとうるんでいましたけれど。笑
 
 
インタビューは表彰台の3人一緒に
行われて、高橋大輔さんも
『お疲れ様でした』
と声をかけます。
 
 
『えっと、今さっきフリーが終わったばかりなので
あんまり分からないんですけど
凄く今は悔しいです。』
 
最後は聞き取れないくらいで
声を詰まらせた真凛ちゃん。
 
image
 
本当に愛らしい、
可愛い選手ですね^^笑
 
 

『(最終滑走という)緊張はあまりなかったんですけれど
やっぱり、、勝ちたいという気持ちの方が
大きくなっていて、全然自分の演技が
出来なかったので凄い悔しいんですけれど
 
まだ、あとファイナルと全日本があるので
そこでしっかり晴らせるように
頑張っていきたいと思います。』
 
 
と答えた真凛ちゃん。
 
 
きっと、世界からとっても愛される
日本を代表する選手になると思います。
 
 
ジュニアGPファイナルや
全日本選手権で悔しさを
しっかり晴らせますように。
 
 
今回はここまでです。
 
読んでくださってありがとうございました!
 
 

いつもありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします(*^^*)
とっても更新の励みになります!


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. お詫び

    2013年11月20日21:31

コメント

    • きれじろう
    • 2016.11.23 19:34

    本田さんの動きって荒川さんを彷彿とさせる優雅さがあって好きなんですよねー。私。

    こういう失敗や挫折があって人って成長すると思うんで、これからも等身大のまま頑張ってほしいですね。
    彼女ならきっと逃げずに立ち向かっていくでしょう。

    ジュニアはダイヤの原石がごろごろ状態で、昔のジュニアってかみさん曰く「つまんない」だったのが、今回はかみさんもずーっとテレビにくぎ付けでした。

      • MAY
      • 2016.11.23 20:58

      きれじろうさん、いつもありがとうございます^^

      >本田さんの動きって荒川さんを彷彿とさせる~
      そうなんですよね~優雅ですよね!
      なんというか、パッと見
      元々ダンスやバレエなどの動きが
      上手だったんじゃないかなぁと
      思ってしまうくらいの優雅さです。

      >これからも等身大のまま~
      頑張ってほしいですねぇ。
      メディアが色々持ち上げすぎなところも
      ある気がしてそれだけが気がかりです^^;

      しっかりと立ち向かっていけば
      自然と彼女なら強くなっていきますね^^

      >ジュニアはダイヤの原石がごろごろ状態~
      ほんとにそうなんですよね!
      もう、最近はジュニアが気になって
      仕方がない状態です。汗
      きれじろうさんの奥様と同じようなことを
      私も思ってしまっていたのが
      遠い昔のことのようです。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP