フィギュアスケートの世界

浅田真央はそれでもサルコウを跳び続けるのか

浅田真央はそれでもサルコウを跳び続けるのか

こんにちは、MAYです。
 
遅くなりましたが、NHK杯の
女子ショート、フリーの演技について
お話していきたいと思います。
 
 

プロトコルも一応貼っときます。
興味がある方はどうぞ^^
 
NHK杯女子ショートのプロトコル
 
NHK杯女子フリーのプロトコル
 
 
今回はショート・フリーともに一位になった
浅田真央選手に焦点を絞ってお話していきます。
 
まず、ショートですが
全体的にまとまった演技を見せてくれましたね。
 
 
最初の3Aは綺麗に着氷しているときよりも
上に跳び過ぎてしまい、いつもより幅が少しないジャンプとなりました。
 
そのため回る力が余ってしまい、オーバーターン。
 
しかし、3Aが決まらず苦しんでいた時のような
失敗ではありませんでした。
 
 
跳べないときは助走のモホークの段階で
きついカーブを描いていましたから。
 
今回は『3Aを跳ぶことのできるカーブ』でアクセルを跳ぼうとしていました。
(一緒に演技を見ていたスケート関係者と
『お、直ってる~』とちょっと感動していました。笑)

スポンサードリンク

3Fは綺麗でしたね。
ただ、いつもはもっと綺麗なのにな~と
彼女の演技を長年見てきた私はどうしても思ってしまって^^;
 
ちょっと前のめりな感じで降りてきているので
後ろにあまり流れていかないジャンプになってしまっていたんですよね。
 
ただGOEでは+0.8をもらっています^^
 
 
スピンは流石。
すべてレベル4を獲得しています。
 
 
彼女の凄いところはスピン、ステップで
当たり前のようにレベル4を獲得していることです。
 
取りこぼしがありません。
GOEも高い点をもらっているので
今回のステップなんてジャンプの点数並みの5.7をもらっています。
 
 

最後のジャンプ、後半なので基礎点が1.1倍のボーナスがつく
3Lo-2Loはセカンドの2Loがまさかのアンダーローテ。
 
3Loを降りたときに少し跳び急ぎましたかね?
左手が体よりも先行してしまい、うまく絞まりませんでした。
 
そのため少し回転が足りないジャンプになってしまったようです。
 
3Aのちょっとしたミス、
コンビネーションのアンダーローテがありましがたが
それでも得点は71.26を記録。
 
 
PCSでもほとんどで8点台後半をもらっています。
 
そして、私が思った傾向として
いいプログラム・点数の出るプログラムは
『Interpretation(曲の解釈)』が一番点数が高くなるのだなあ、と。
 
 
なぜかそういう点数のつく傾向になっているようなので
これからチェックしてみてください^^
 

スポンサードリンク

 
そして、フリーですが
 
3Aは両足着氷になってしまいましたね。
 
 
ジャンプを見慣れていない方だと
成功ジャンプに見えたかもしれませんが、
右足で着氷するときに左足も氷についてしまっています。
 
プロトコルを見るとアンダーローテで
少し回転が足りないよ~と言われてしまっていますね。
 
アンダーは仕方がないとして
彼女のジャンプはたびたび両足判定を受けるのが
MAYとしてはもどかしいのです><
 
 
彼女はほぼすべての3回転で降りてくる
ぎりぎりまで左足を上にあげないんですよね。
 
まっすぐ、綺麗なスクラッチのまま降りてきてしまう。
 
 
そうすると左足のトゥも右足のトゥと
そんなに高さが変わらない場所にあることになるので
着氷するときに氷についてしまうリスクが高まるのです。
 
他の選手はあまりここまで絞めないのですが。。。
 
 
たまに綺麗に回りきっているジャンプでも
左足が氷についてしまいGOEでマイナスをつけられてしまう
ときがあるのでこれからの大会ではそういうのがないことを
祈るのみです。
 
 
そして。
 
 

3Lzのeマークはもう仕方がないとして
私が言いたいのはタイトルにもしたサルコウのことですね。
 
本番でそこまで決めたことのない、
しかも基礎点の低いサルコウを
後半の1.1倍の4つのジャンプの1つの中に
入れる意味はなんなのだろうかと。
 
もちろん、サルコウを入れることで
『すべてのジャンプを跳ぶことができる選手』
という印象をジャッジに持たせることはできるかもしれません。
(しかし、彼女の場合ルッツでeマークがついてしまっていますから
この印象をジャッジが持つかどうかは分かりません。)
 
 
でも、それでたとえばPCSの点数が高くなるようなことは
今の採点方式ではないと思われます。
 
 

全種類ジャンプを入れるというのは
佐藤信夫コーチの方針なのかもしれませんが
『オリンピックで絶対金を取りたい』という浅田選手であれば
高得点を目指して、3Sを2Aか3Tに変えてしまった方が
いいんじゃないんだろうか、、、
 
 
(でも信夫コーチの方針だとしたら
今シーズン3Loを入れていない小塚君の話が通りませんね。。。
本人の意向でしょうか。)
 
 

いろいろと雑感を書いてしまいましたが
プログラム的にはすごくよかったです。
 
ラフマニノフのこの曲で集大成か、と思うと
胸がジーンとします。
 
 
ほとんどの人が知っている曲なので
オリンピックで滑ったら最後のステップ前では
大歓声でしょうね^^
 
 

浅田選手は2戦とも1位なので
一番乗りでグランプリファイナルの出場が確定しました。
 
 

ファイナルの開催都市、福岡でもいい演技を期待しています^^
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. お詫び

    2013年11月20日21:31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP