フィギュアスケートの世界

町田、無良 挑戦者の宿命 ~グランプリファイナル男子フリー~

町田、無良 挑戦者の使命 ~グランプリファイナル男子フリー~

こんばんは、MAYです。
 

昨日は羽生選手に特化したGPファイナルの記事を書いたので
今回は彼以外の選手について
取り上げていきたいと思います。
 
 
 
GPファイナル2014男子フリーのプロトコル
 
 
 

無良崇人選手
 
最初の4T-3Tは良かったですね^^
 

続いての4Tもクリーン!
素晴らしい。
 

3Aも高い、綺麗です。
 

ただ、ここまでのジャンプすべて
スピードを落としてのジャンプだったので
PCSはどうなのかな、と思いました。

 
 

3S-1Lo-2Sは
私は難しいと思うんですけど、
皆さんはどう思われるでしょうか?
(全部、インエッジに深く乗るものなので
インに乗りすぎてしまうため
体のコントロールの難しさと
貰える点数が比例しないんじゃないかな~と)
 

1Loなど、少しミスはありましたが
丁寧に滑り切りました。
 

男子の醍醐味はジャンプもそうですが
女子にはないスピード感だと思っているので
もっともっとスピードを出して自信をもって
ジャンプを跳べたら、カナダ大会のような
高い評価を受けると思います。

スポンサードリンク

ハビエル・フェルナンデス選手。
 

昨日のショートでは
4Sで軸がひんまがってしまったり
普通の振りのところでけつまづいてしたったり
『どうしてしまったの?』といいたくなるような
フェルナンデスでしたが
 

フリーはフェルナンデスらしさが出ていましたね^^
 

曲がフェルナンデスにぴったり。笑

 
 

4Tはお見事!
 

彼の膝を使ってぐいぐい進んでいく
スケーティングが好きなのです。
 

4Sの予定は3Sになりましたが
3Aは完璧に決めました。
 
 
後半の4S!ステップアウトしかけましたが
頑張りました^^
 

おおっと、
3F-1Lo-3Sの1Loで後ろに跳び過ぎて
少し危なかったですね。笑
 
 
 

最後のコリオステップは
疲れてふらふらしているのか
フリなのか、と思っていたら
解説の佐野稔さんから
『これはこういう振りですからね』
とすかさず指摘が。笑
 

パイレーツ・オブ・カリビアンの
サーキュラーステップでも
酔っぱらってふらふらした状態のステップがありましたが
ほんとこういうステップが上手な選手です。
 

昨日の失敗を引きずらなかったのが素晴らしい!
フェル君頑張りました^^
 
 
 
そして、27歳のセルゲイ・ボロノフ選手。
 

4Tはオーバーターン
 

3Aも高い。
ジャンプを跳ぶときに
あまり足を曲げずに跳べる選手ですね。
 
 

ベテランらしい安定した演技^^
 

彼も、もっとスピードがあれば
より高い評価を受けそうなんですが。。
 

スピードを出して演技をするのは
本来難しいことなのですが、
最近の男子トップ選手のスピード感に
私が慣れすぎてしまっていますかね。笑

 
 
 
マキシム・コフトゥン選手。
 

4Sが2Sに
 

4Tは完璧です。
 
 
コフトゥンは4回転の時に
すごく前のめりになってしまうので
個人的にあまりそこが好きではないのですが、、
 
 
今回はピリッとした演技ではなかったですね。
 

ショートから順位を1つ落とし
表彰台を逃してしまいました。
 
 
 
町田樹選手。
 

最初の4T、回転はとても良かったのですが
高さが足りなかったかもしれません。
 

続いての4Tは高さは十分、
少し軸がずれて右手をついてしまいました。
 

3Aはタイミングが合わず、1Aに。

 
 

ここで、バルセロナの観客から
大きな『頑張れ!』の歓声をもらいます。
 

ジュニアフリーを見ていても思ったのですが
バルセロナのお客さんは、選手が失敗したときにも
温かい拍手を送ってくれるんですよね。

 
 

3Loでの転倒は珍しい。。。
 

調子悪いな~と思いながら
彼の演技を見つめていました。
 

3Aも転倒。
う~ん、疲れているのかな。
 

最後の3Lzは気合で降りました。

 
 

ニュースで出ていましたが
彼、卒論が忙しくて今回のグランプリファイナルを
辞退しようとしたのですね。(驚)
 

『グランプリファイナルに出たい』と言っていた彼が
一度ファイナル出場辞退を申請した。
 

しかし、怪我以外の理由では認められないとのことで
受理されなかった、そうです。

 
 

そういえば、五輪後の報道で
来季限りで第一線を退く見通しということも
言われていましたが。
(つまり15年の春、来年の世界選手権に出場できれば
それで引退?ということ?)
 

そのときと気持ちは変わっているかもしれませんし
その日を迎えてみないとわからないことかもしれませんが
もっと長く見ていたいスケーターです。

 
 

最近、本来フリーで160、170点くらい取れる選手が
フリーで130点を下回るということがよく起きています。

 
 

去年まで、あまりそんなことがあった
記憶がないんです。
 
 
 

オリンピック後の今シーズン、
自分の限界を超えたものを見せるため
限界を超えた自分に出会うために
挑戦し続ける選手にとっては
当然の結果なのかもしれません。

 
 

そんな選手たちの挑戦が報われるときを
また目にしたいなぁ、と思うMAYです。

 
 

ジュニアの選手も強くなってきました。
 

スケート界全体のレベルも上がれば
ルールも毎年厳しくなる、そして
それに対応するためにまた選手のレベルが上がる。
 
 
スケートそのもののレベルはどこまで上がるのでしょうか。
  
楽しみなような、不安なような。

私にできることは、たまに会場に足を運んでみたり
選手たちを遠くからお応援することだけなので
 

このブログで彼らについての記事を書いていきたいな、
と思います。
 
 

今回はここまでです。
 

読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. おひさしぶりです!

    2015年10月2日21:47

コメント

    • L’oiseau Bleu(ロワゾーブルー)
    • 2014.12.17 0:54

    今回のGPFでは町田選手の演技で涙が止まらなくなりました。
    (羽生選手も凄かったのは凄かったんですけどね)
    転倒しても、(転倒したから)スタミナが切れそうになっても精一杯観客のために集中を切らさずに演技している様に涙腺崩壊でした
    町田選手はジュニアの頃期待のジュニア選手だったんですよね。昨シーズンになってやっと日本代表になれるようになって、やっと報われたね、って思ってました。
    彼の3Aからスーッと流れて振付につなげる技術は地味だけど他に類を見ない凄い技術だと思ってます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP