フィギュアスケートの世界

羽生結弦、無敵の王者への第一歩 ~GPファイナル男子フリー~

羽生結弦、無敵の王者への第一歩 ~GPファイナル男子フリー~

こんばんは、MAYです。
 
GPファイナル男子フリーが終わりましたが
羽生結弦選手が二連覇を達成しました^^
  

この記事では羽生選手にスポットを当てて
記事を書いていきたいと思います。
  

まず、ショートから。

 
 
GPファイナル2014男子ショートのプロトコル
 
 
 

グランプリシリーズの結果から
羽生選手にしては珍しく
第1滑走となりました。

 
 
ショート最初のジャンプの4T、完璧!
 

もう、何の迷いもないコースで
4回転を跳ぶ位置までぐんぐん滑っているのをみて
『ああ、十分曲かけの練習が出来たのだな』
と感じました。
 

3Aもパーフェクト。
 

降りた後に、氷の飛沫さえ上がらないのは
なぜなんでしょうか。。
 

3Lz-3T、ああ、また3Lzで前のめりになってしまった><
最近彼はルッツが前のめりのまま
跳び上がってしまいますね。
 
 

そんなミスがあっても
表現力や、4回転とトリプルアクセルをしっかり決めたこと
そしてステップやスピンでレベル4を獲得したことが
今季世界最高得点となる94.08の点数につながりました。
 

フリーも素晴らしかったです。

  
GPファイナル2014男子フリーのプロトコル
 
 
 

彼ひとり、別次元の滑りを見せてくれました。
  

いつものようにリンクに跳びだしていって
大きな歓声をもらいます。

スポンサードリンク

4S!決まりました!
 

美しすぎる。。
 

4T、少し右に傾いた気がしたのですが
クリーン着氷。
 

リンクサイドのオーサーが
両手ガッツポーズして跳んでいるのが見えました。笑
 
 

彼のジャンプはまったくぶれないんですよね。
 

降りた後にふらついたり、
ぐらぐら、となることがない。
 

3Lz-2Tも決めました^^
 

3A-3T、3A-1Lo-3Sが
簡単なジャンプに見えてしまいます。。
 
 
 
おおっと、最後のジャンプ
3Lzで転倒。
 

少し疲れてしまいましたかね^^;
 
 

最後のスピンが終わって
満足そうな表情、自分に拍手
ガッツポーズ。
 
 

強いゆづるが帰ってきました^^
 
 
 
こんなに凄い、異次元の演技ができる選手が
本番で力を発揮できずに。
 

それが、しかもおそらく心理的なもので。
 

練習ではジャンプもしっかり跳べているのに
試合で跳べなくて。
 
 

辛くて、それ以上にほんとに悔しくて
仕方なかっただろうなと思います。
 
 

顔をくしゃくしゃにした笑顔で
喜ぶゆづるくん。
 

ファイナル優勝、連覇達成です。
 
 

小林芳子強化部長も
『才能があって気持ちも強い。しばらく無敵だと思う』
とのコメントをしているそうです。
 

(小林さんは羽生くんがオリンピックショートで
103点を出した時にキス&クライで羽生君の隣で驚いていた方です。笑)
 
 
確かに、羽生くんが全力を出し切った時に
誰が勝てるのか、誰が近い点数を出せるのだろうと思いました。
 
 
そして、浮かんできたのは
やはりこの人しかいないかもしれません。
 

今季休養中のパトリック・チャン。
 
 
今のところ、彼だけなのかなと。
 
 
また大会でこの二人が激突するところを
見てみたいな、と思うMAYです。
 
 
 

私が今とっているアンケートでも
今年一番好きな男子フリープログラムは
羽生選手のオペラ座の怪人だという方が
たくさんいます。
 

(コメントもたくさん!
ありがとうございますm(__)m
読んでいて楽しいです^^)
 

二連覇も素晴らしいけれど、なによりも
素晴らしいオペラ座の怪人が見れて良かった。
 
 
羽生君はひとまず少し体を休めて
全日本に臨んでほしいと思います。
 

もう、すべての大きな大会を王者として迎えるんですよね。
(そんなプレッシャーにもなれてくるころなんでしょうか。)
 

今度はどんな演技を見せてくれるんでしょうか。
全日本を楽しみに待っていようと思います^^
 
 
今回はここまでです。
読んでくださってありがとうございました。
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. 始めまして!素晴らしいブログを拝見させていただきありがとうございます。スケートの技術、採点について、詳しく解説してくださっていて、とても勉強になりました。
    私などただの素人のファンとしてフィギュアスケートを楽しんでいるだけですので、どうしても情緒的になってしまいがちです。
    しかし選手はアスリートとして試合に臨み勝つために戦っている、だからこそ見る方も、真に感動できるのだと思います。
    また読みに来させていただきます。ありがとうございました。

    • きれじろう
    • 2014.12.15 20:17

    かみさんの職場の同僚で妙齢のおばさまがいらっしゃるんですが、羽生さんの大ファンで、いつもうっとりした表情で彼のことを熱く語るそうです。
    ちなみに羽生さんを語る時の呼び名は「ゆずポン」だそーです。

    ・・・青春だよなぁ。

    • かな
    • 2014.12.15 23:06

    こんにちは^_^
    羽生君、ジャンプが戻ってきましたね。しかも四回転、サルコウもトゥループも回転速度に加えて高さもあって凄く良かったと思います。
    ただ、ジャンプ以外のスケーティングはステップなどショートのようなグイグイいく感じがなくて私的には?だったんですが。やはり彼の場合、凄いジャンプを跳ぶので体力的にキツイところのステップシークェンスなんで致し方無いのかな?

    • みとも
    • 2014.12.17 6:45

    素晴らしい感動的なファイナルでしたね。ゆずぴー最高でした。
    普段ニコニコしてる彼が、ふっと見せる試合への真剣な表情、眼差し、それが心を射止めますよね。そして、感謝の気持ちを常に忘れない。だから、人も運も集まるんだと思います。

    怪我をおしての出場、なんだかんだと世間に非難されましたが、あの中国大会がなければファイナル進出もなかったし、ファイナル金メダルはなかったことです。

    いつも大会のたびに、May さんのコメントチェックしてます。楽しみにしてますよ☆

    • きれじろう
    • 2014.12.19 21:11

    ゆずぴー
    ゆずぴー
    ゆずぴー

    みともさん、最高っす。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP