フィギュアスケートの世界

羽生結弦にとって何が難しいプログラムなのか NHK杯直前練習

羽生結弦にとって何が難しいプログラムなのか NHK杯直前練習

こんばんは、MAYです^^
 
ロステレコム杯について何も書けていませんが
今年もNHK杯が始まります。
 
 

NHK杯の公式練習のニュースが
たくさん入っていますが
一番私が気になったニュースを
ここで取り上げたいと思います。

スポンサードリンク

羽生選手がショートで
4回転を2本跳ぶ、と言うニュースです。
 
構成としては
3A
4T-3T
4S
 
をショートに組み込む、と。
 
 

3Lzをショートから外して、
さらに高難度のプログラムに挑むという事になりますね。
 
 

羽生選手にとって、もはや何が難しいのか
と言う話にもなってくるような気がしますが^^;
 
 

彼の場合、一般的なアクセルの跳び方
『モホークから入るトリプルアクセル』より
 
一番難しいと言われるステップ、
『カウンターからのトリプルアクセル』
の方が綺麗に跳べる確率が高かったこともありましたし。
 
 

もうルッツよりもトゥループ以外の4回転を
別種類で入れちゃった方が上手くいくんじゃない?笑
なんてコメントをいただいたこともありましたが
実際にほんとにそういうことになっていくとは
思っていませんでした。笑
 
 

彼にとっては、ルッツをショートで入れ続けることの方が
ある意味挑戦だったのかもしれないな
とも思うMAYです。笑
 
 

しかし、これはまた楽しみな構成です!
 
 

もう、完璧に滑った時に
ショートで何点出てしまうのか
怖ささえ感じるようなプログラム構成ですね^^;
 
 

というか、やっぱり完璧に滑ったことが
今までにないプログラムって
なぜか体がミスを覚えてしまっていたりするんですよね。
 
練習でしっかりできていても、
試合になるとなぜかそのミスを
反復するかの如くまたミスをしてしまう。

スポンサードリンク

そして、2シーズン続けての楽曲という事で
若干のマンネリ感もあったかもしれません。
 
じゃあ、もうルッツやめて
4回転サルコウ入れようよ
 
みたいなかんじだったのでしょうか。笑
 
 

去年のNHK杯は、中国での事故から
2週間ほどしかなかったため
プログラムを少し変更した影響が
かなり出ているように思いましたが
今回は前の試合から1ヵ月ありました。
 
 

これは、かなり期待していいのでは、と思っています^^
 
 

という、直前の情報からの記事でした~
 
明日からのNHK杯、とても楽しみです^^
観戦される方は楽しんできてくださいね~
 
 

読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 回転不足について思うこと

    2013年12月8日22:44

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP