フィギュアスケートの世界

五輪男子フリーを終えて

こんばんは、MAYです。
 
 
五輪男子フリーが終わりました。
 
 
最終グループはいろいろ大変なことになっていましたね^^;
 
 
 
ソチ五輪男子シングルフリーのプロトコル
 
 
 
なんだか最終グループの時は
魔物が完全に本領を発揮していたような気がします。
 
 
 

とりあえず
 

一番技術点が高そうに『見えた』のは
間違いなくフェルナンデスでしょう。
 

しかし、彼はミスをしてしまった。
サルコウジャンプを跳び過ぎてしまった。
 

最初の4Tは完璧だったし、
4S-2Tもよかった。
 

しかし、後半にハーフループのサルコウを含んで
トリプルサルコウが3つ入ってしまったのが痛かった。
 

後半最初の4Sが3Sになったので
最後のジャンプの3Sは2Sにするか
もう違う種類のトリプルジャンプにすべきでした。
(この場合3Lzか3F)
 

しかし、そのまま3Sを跳んでしまったため
最後のジャンプの3Sがシークエンス扱いに
が、しかし!
もうコンビネーションジャンプを3回やってしまっていたため
4回目のコンビネーションジャンプとしてみなされ
最後の3Sは0点となりました。
 
 
 

4回転を2本ともしっかり降りたのに残念><
 
 
 
羽生結弦選手。
 

彼にはおめでとう、お疲れさまと伝えたいです。
 
決していい演技ではなかった。
 
あれで『いい演技だったよ』なんていってしまったら
不機嫌この上ない表情を見せるでしょう。
 
 
 
でも
 
 
 
フィギュアスケート男子シングルにおいて
日本人として初めてのオリンピック金メダル。
 

心から笑顔になれる金メダルはまだ先でしたね。
 
 
 

3Fで転倒してしまったときはどうしようかと思いました。
 

ステップもいつもの様子じゃない。
 

ただひたすら祈りながら見ていたけれど、
ハーフループのコンビネーションでまさかの悪夢。
 

サルコウを完全に両足がついてから跳んでしまったため
認められず、シークエンス扱いに。
 

(もともと、そんな危険性はあったのですが
まさかまさか五輪で初めてが訪れてしまうとは・・・)
 
 
 
『五輪ってすごい、緊張が凄かった』
ということを言っていましたが
本当に格別なものを感じたのでしょうね。
 

本当の彼の実力とか、曲と彼の魂が
同調してしまった時の衝撃を私は知っているつもりなので。
 

これから、何を目指していくのかが凄く重要になってくると思いますが
まだまだ滑っていてほしいと思います。
 
 
 
パトリック・チャン選手。
 

最初に4T-3Tを見事に降りたときには
もうこの人なのかなと思っていました。
 

しかし、続く4Tで珍しいミス。
 

ハーフループもダブルサルコウに
 

最後の2Aでまさかのステップアウト。
 

フィニッシュのスピンでも軸がブレブレ
どうしてしまったの、チャン
と思わず言いたくなるような演技。
 
 
 

表彰式で笑顔を見せてくれたけれど
無念の思いからでしょう、ちらっと涙も見えました。
 
今シーズンのフランス大会で覚醒した時には
五輪の頂点はこの人のものなのかなとも思いました。

スポンサードリンク

世界選手権3連覇を成し遂げても五輪を取れなかった
彼の無念さを思うと心が苦しくなりますが
まだまだ活躍を期待できる、活躍してほしい選手です。
 
 
 
 

高橋大輔選手。
 

素晴らしい演技でした。
 
 
 
美しいビートルズメドレー。
 

落ち着いた、優しい表情をしていましたね。
 

最初の4Tはやはり両足着氷。
 

次はいつもなら2本目の4回転なのですが
やはり回避しましたね、3Lzに。
 

3Aは目の醒めるようなクリーン着氷。
 

ステップも良く滑っている、
スケーティングも素晴らしい。
 

緊張しっぱなしのように見えた4年前の滑りとは全然違いました。
 

後半の3A-2Tが3A転倒で2Tを跳んだけれど
NHk杯と同様にシークエンス扱いになってしまって。。
 
 
 
3Lz-3Tは綺麗だったけれど
3連続入れるならシングルジャンプにした3Fのとこだったのかなーとか。
 

4Tの軸は良かったけど高さが足りなかったな~とか
 

何とかメダルを取ってほしかったとか
ほんとにいろいろな想いがあります。
 

4年前のバンクーバーのフリーと
同じポーズでフィニッシュした大ちゃんを
私はずっと忘れません。
 
 
 
彼が伝えようとしてくれたものを
私なりに受け取ることが出来たのだと思っています。
 
 
 
 

デニス・テン選手。
 

直前にこんな記事を書きましたが
 

ほんとにやってくれるとは・・・!!
 

グランプリシリーズで表彰台に乗る前に
オリンピックで銅メダルを獲得してしまった。
 

4T、3A-3T、3A
お見事でした。
 

踊りもよかった。
一つ一つのエレメンツをしっかりこなしていく
本当に上手な選手。
 

最後の2つのジャンプ
3F、2Aが乱れてしまいちょっと残念でしたが
彼の思いが伝わってくる演技でした。
 

ほんとに大変なシーズンだったと思います。
試練としか思えないような状況の中で
彼はまた強くなったのでしょうね。
 
 
 
今回の男子シングルは非常に若いメダリストたちでした。
 

非常に珍しいことなのではないかと思います。
 
 
 
そして、私が心打たれた選手の一人が
フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス選手。
 

17歳の選手で、フィリピン代表の選手として
ソチオリンピックにすべての競技を通して
ただ一人参加しました。
 
 

私は彼の滑りを今まで見たことがありませんでしたが、
この選手は上手くなるのではないかと思います。
 

ジャンプの軸も綺麗だし、踊りもうまい。
凄く将来が楽しみな選手^^
 

そんな新しい風を感じたオリンピックでもありました。
 
 
 
まだここに書いていないことがたくさんあるように思います。
思いつくことがあり次第またつらつらと書いていきたいと思います。
 
 

みなさんも、男子フリーや
男子シングルの感想があれば教えていただきたいです。
 

読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. おひさしぶりです!

    2015年10月2日21:47

コメント

    • 森商会
    • 2014.02.16 1:18

    ゆづ、金メダルを現実化しましたね~。

    松岡修造が試合後、ゆづと会話ができ、
    「緊張しました」
    「オリンピックには魔物がいました」
    と言っていたけど、
    魔物がいると言って金を取った人はいない!
    と話していましたね。
    凄いメンタルの強さとコントロール力。
    NHK総合での生出演インタビューからも、
    脳科学や心理学について学び、
    実践している様子。
    彼は悟ってる~!

      • MAY
      • 2014.02.19 17:46

      森商会さん、コメントありがとうございます^^

      現実化してしまいましたね~
      欲しいものを携帯の待ち受けにしていたほどですもんね。

      おお、そんな会話をしていたのですね。
      ということは結弦くんは初めて魔物を感じつつ
      金メダルを獲得した初めての人なんですかね?

      ほんと、何でも吸収してしまうんですよね。
      それは彼が意欲的に吸収しようとしているからでしょうが。
      ちょっと、年齢よりも精神面が大人すぎて少し怖くなるほどです。

    • 雅(マサリ)
    • 2014.02.16 9:57

    おはようございます(^^)
    日本選手に関する感想は自分のブログに書いてしまったので(笑)、こちらには敢えてそれ以外を

    雅も、フィリピンのマルティネス選手には同様の感想を持ちました(名前は聞いていましたが、やはり演技ははじめてでした)
    よいコーチに指導を受けたら、怖い選手になりそうな予感がしました

    何より、皆さんお疲れさまですと云ってあげたいです
    メダルが取れても取れなくても、選手たちの頑張りや想いは、ちゃんと伝わりましたから
    そしてマスコミが、つまらないことで騒がないといいなぁ…

      • MAY
      • 2014.02.19 17:52

      雅(マサリ)さん、コメントありがとうございます^^

      マルティネス選手、良かったですよね。
      ほんとそうなのです、才能は感じたので
      良いコーチにつくことさえできれば>< (でも、もともとフィリピン自体がスケートが栄えていない国なので ちょっと難しいのかな、とも思ったり><) 彼の実力である程度まで強くなることができれば 良いコーチに巡り会うことが出来るのでは、と思っています。 私も、お疲れさまと言ってあげたいです。 マスコミ、つまらないことで騒いでますね~^^; (私にはつまらないことに見えます。特にネット) 選手は上手く情報をシャットアウトしてほしいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP