フィギュアスケートの世界

壮絶なフランス杯男子ショート

おはようございます、MAYです^^
 
 
フランス杯男子ショートが終わりましたが
半端なかったですね。笑
凄い演技の連続でした。

スポンサードリンク

 
 
フランス杯男子ショートのプロトコル
 

最初にお話するのは日本の羽生結弦選手。

ゆづる フランス
 

良かったです。
すごく良かった。

最初の4Tは軽やかに着氷。

カウンターからの3Aは相変わらずすごい飛距離。
難しい入りをしているジャンプのはずなのに
難なく着氷。

この3Aだけで12.06点稼いでしまうという
恐ろしいジャンプとなりました。笑
 
 
続く3Lz-3Tはルッツがこれまたとんでもない飛距離で
すごくいいジャンプでした。
このコンビネーションが12.01。
(あれっ!3Aより低くなってしまった。。
コンビネーションなのに。笑)

いいジャンプと思ったのですが
加点はそこまで伸びませんでした。
もっとGOEがついてもいいように思えたのですが^^;
 
 
ステップでも見せる魅せる。
お客さんが大熱狂していましたね。

スピンはすべてレベル4を獲得し
最高の演技となりました。

コーチのオーサーもジャンプが決まるたび
飛び跳ねて両手ガッツポーズ。笑
(演技中見えてるんだろうな~笑)
 
 
キス&クライではあまりにもプレゼントが
ちびっこスケーターから運ばれてくるため
『OK. I see. NO MORE! 』と
言っていましたね^^
観客がうけていました。
 
 
得点は95.37で自己ベストを更新
フランス杯は2位スタートとなりました。
 
 

さて、こんなすごい演技をした羽生君を
さしおいて一位スタートのなったのが
世界王者パトリック・チャン選手です。

ぱと

もう、、、どうしましょうね^^;笑
 
 

4T-3Tは華麗に着氷。
ほんとに簡単なジャンプに見えるのが凄いです。

苦手な3Aも今回はきっちり降りてきました。

3Lzも綺麗なランディング^^

スピンは一つレベル3でしたが
他はステップ含めすべてレベル4。

PCSでは技と技のつなぎ以外すべて
9点台をそろえ得点は圧巻の98.52となりました。
 
 
 
さて、今回1位になったチャンと結弦君の
点差は3.15。

プロトコルを見るとわかるのですが
技術点では結弦君がわずかに上回っています。

しかし、PCSで突き放されてしまったのですね。

チャンはPCSで46.18
結弦君はPCSで42.65

そして、個人的に気になるのは
前にも書きましたが良いプログラムは
PCS5項目の一番下のInterpretation(曲の解釈)
が一番点数が良くなるということ。

チャンは一番高くなっていますが
羽生君はPerformanceが一番高くなっています。

まあ、これは仕方のないこととも言えるんですけれどね^^;
演技全体の印象としてはやっぱり『ジャンプが凄かった!』
という印象が一番強くなるプログラムだと思うので。
(逆に今の結弦君としてはそういうプログラムが
一番点数が取れると思います。)

 
 
 
フリーでも技術点で他を圧倒する作戦の
結弦君が世界王者を追い詰めるには
やっぱりショートでもう少しだけ点差を詰めたいところ。

私が注目したのはGOEです。

チャンが今回獲得したGOEは合計で9.64。
結弦君は合計で8.96。

3Aで2.71というとんでもない加点をもらっていますが
それでも合計ではチャンより低くなってしまっているのです。

プロトコルを見るとわかるのですが
チャンは1つのスピンを除いて
他の要素は1点以上の加点をもらっています。

羽生君はジャンプの加点はすさまじいですが
スピンの加点はあまりもらえていません。

なので、もし、スピンを強化することができれば
更なる点数UPが望めないわけでもありません。
 
 
 
ですが、これ以上この素晴らしいショートに
『スピンも頑張るのよ!』と望むのは
少々酷な感じもするので(笑)
(レベル4とってますしね。)

明日のフリーで最高のロミジュリを
見れることを期待していようと思います^^

 
 
 
私がひそかに注目しているジェイソン・ブラウンも
ショートで完璧なな演技をみせて3位スタートになりました。

相変わらず独特な演技。笑

癖になります。
 
キス&クライでは眼鏡をかけていましたね^^
 
 
1位から3位までの選手のプロトコルに
まったくマイナスがつかないという
壮絶な幕開けとなったフランス杯男子ショート
 
 
今夜のフリーも期待しております^^
今大会、ゆづる君を応援しているという方は
ポチッとお願いします^^
↓↓↓

人気ブログランキングへ

 
 
 

この写真も素敵^^
ゆづる フランス1


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 羽生結弦、天才の証明

    2013年12月6日14:14

  2. 羽生結弦の可能性と危険性

    2013年10月13日23:33

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP