フィギュアスケートの世界

結弦とチャンと信成について

こんばんは、MAYです。

ファイナルのシニア男女が終了しましたね。
まず、結弦くんと真央ちゃんおめでとう!
 
 
アベック優勝、すばらしかったです。

スポンサードリンク


今回の記事では男子のフリーについて書きたいと思います。
 
 
ファイナル男子フリーのプロトコル
 
 

まずは、信成くんから。

最初の4T、
トゥをつく位置がいつもと違ったかな~ と感じました。

激しく転倒してしまいました。

続く4T-3Tは軸がぶれながらも 才能と気合で持ってきましたね^^;
さすがは織田信成。。。 (凄すぎ・・・)
 
 
フライングシットスピンがレベル1となっていたり
ほかにもスピンで若干取りこぼしはありましたが
後のジャンプはしっかりと決めて175.02と
高得点を出しました。
 
 
そして、今日知ったのですが 10日前に靴が壊れていたそうですね^^;

左足の曲げる部分が練習中に”ぐにゃ”っとなってしまった
と言っていますが、スケート靴がそうなってしまった場合
新しいものに変えるよりほかありません。
 
(どうしても変えることができないという場合は
ガムテープでスケート靴のその部分をぐるぐる巻きにして
がちがちに固定して滑ったりします。)
 
 
で、10日前というと高橋大輔選手がファイナル欠場を
発表する2日前となります。
 
 

(つまり、信成くんは自分がファイナルに出るということを
考える由もなく靴を交換したということでしょうか?)

慣れていない新品同様の靴で4Tや3Aを
バンバン跳ぶと当然足はおかしくなります。
(かかとやつま先、すねが痛くなりがちです)

 
『不安を通り越して恐怖を感じていた』
というコメントを信成くんが残していますが
これはここでこの靴で滑ってしまうと
足がおかしくなってしまって全日本・五輪どころではなくなる
という恐怖ではないかと思いました。

最後のほうは辛そうでしたが
最後まで元気に滑ってくれました。

パパの意地、でしょうか^^
 
 
(試合後のコメントが『ハイチュウが食べたい』
とか可愛いパパだなおい(笑)と思ったのは内緒。)

 
 
 
そして、フリー2位となったパトリック・チャン。

4T-2T、4Tを決めるところは流石の世界王者ですね。
 
 
最後のスピンでぐらつくところ意外は
ほぼ完璧に滑りきったチャンですが。。

『あれ、スケーティング遅くない?』
と感じたのは私だけでしょうか?汗

ステップも、もっとエッジが深かった気がしたのですが。。

いつももっとカメラが追いきれないくらいのスピードで
演技をしていたような気がしているのですが。
(そしていつもの凄みがなかったとも感じます。)
 
 

演技後の様子を見ると彼も足が痛そうにしていたように思えてしまって
ちょっと心配。。

(スケート選手ですし、この時期にはもう
足は痛くなってしまうのが普通なのですが)

「いい滑りができた。満足。自分にとって成果」と笑い、
「優勝でも2位でもよかった」と意に介さなかった

というチャン。なんだか不敵ですね。

そして、ショート1位・フリーでも1位となり
ファイナル初優勝となった結弦くん。

最初の4Sは左腕を後ろに引くタイミングがちょっと早かった>< 軸が左に引っ張られて転倒してしまいました。 が、ここからは圧巻でしたね。     4Tをクリーンに決め、3Fもエッジエラーなし。 私が勝手に『技術点の鬼プログラム』と呼んでいる 後半の3A-3T、3A-2T、3Lo、3Lz-1Lo-3S、3Lzも 綺麗に着氷しました^^     (ただ、ハーフループのコンビネーションは 1Loのときに両足ついているように見えてしまった。。)     最後のスピンではさすがに息切れしたんでしょうか レベル1となってしまいましたが   PCSだけで102.03! TESでもすべて9点台をマークして フリーの点は193.41!       今期チャンとの直接対決3度目にして ついに勝利を収めました。    で、アメブロの方にるんこさんから 『本人も言っているように点数が出すぎなんでしょうか? ホームだから?』 との質問がありましたが       これは、私の感覚だけで話させてください。 はっきり言って『出すぎ』という感じはしました^^; 技術点はたとえどこの国が会場であっても あれくらい出る!と信じたいところですが GOEがひょっとしたらちょっと上乗せされている? ようにも感じてしまったり。 結弦くんが一番驚いたのは 『PCS5項目すべてで9点台でちゃったよ・・・』 というところなんではないか、と思っています。     そういう評価を今回の演技くらいのものを ほかの会場でやってのけたときに もらえるのかな、というところで 少し本人としては疑問なのではないか、と。 というところで、私の今回の採点に関する感想としては 以上にします。       なにはともあれ、強くなった羽生結弦を見ることができて よかったです^^       彼の場合、五輪はもうほぼ内定でしょうね。     全日本が楽しみのようで怖いMAYでした~       よかったら応援のクリックお願いします。 記事更新の励みになります^^ ↓
人気ブログランキングへ

   


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 羽生結弦、天才の証明

    2013年12月6日14:14

コメント

  1. お久しぶりです。GPF福岡、男女フリーを生観戦してきたのでコメントしにきました。
    織田君の靴情報はこちらで知りました。足が心配ですね。
    全日本でこそ、結果を出してほしいのですが。
    町田選手のノーカンは、現地でわからずに低いと驚いてました。
    チャンはイマイチでしたね。絶好調な試合が何試合も続くわけないですから、調子は下降気味だったのかな。ただ王者の余裕は醸し出してました。
    羽生君は練習から好調。キレのある動きにジャンプで期待した以上の出来でした。採点は五輪シーズンだから高く出す傾向はあるかもですが、SPに関しては、それくらい出ても不思議に思わない出来でした。キレが他と違ってました。フリーは本人も言うように出すぎですが、最終滑走であの演技、期待値込みで高くは出るでしょうね。女子みたいに出ないよりはマシ(笑) 出したからには、ソチでも今日以上の演技なら出してもらわないとね。
    で、浅田選手のSP、素晴らしかったです。採点に関して浅田には厳しいのは織り込み済み。今回は天野が入ってましたから、尚更でした。
    浅田選手の3Aが足りてるか足りてないか。意見が分かれるところでしょうか。多くの方は足りてると見ると思います。現地で見てて荒川さんも足りてると見てたようです。浅田選手は着氷に難ありと言う、ジャッジの先入観もあるかな? 私が思うに、逆に足りてなくても先入観から足りてると見られる選手もいるように思います。採点競技の難しさ、わかりにくさは人がやる限り不透明さが残りますね。

      • MAY
      • 2013.12.08 21:48

      エビータフレームさん、コメントありがとうございます^^
      生観戦羨ましい限りです><
      いろいろな選手の情報ありがとうございます!

      羽生選手のSPはほんとにすばらしかったですね~
      女子はやはり、抑えられてる感じありましたかね?

      浅田選手よかったですよね。
      天野さんだとやっぱり認められるのは難しいのか。。

      だいぶ意見が分かれているな~と感じております。
      そうですね、多くの方は足りているように見ているように思います。

      そうなんですよね、先入観により厳しくチェックされたりするのです。
      不透明さは消えないでしょうね。
      こればっかりは、どうしようもない気がしてしまう。。。

    • ken
    • 2013.12.08 18:13

    初めまして。時々 拝見させていただいております。素朴な質問なのですががMAYさんの ブログを読んでいると 頂点を極めた荒川さんや、その他 目の肥えた方々(?)が足りていると見た浅田選手の3Aを はっきり足りていないと書かれていますよね。また、慣れていない新品同様の靴で4Tや3Aを バンバン跳ぶと当然足はおかしくなります。(かかとやつま先、すねが痛くなりがちです って書かれています。多分、ご自分も同じ経験があるからこのように書けるんだろうな、すごいな~MAYさんって どのくらいのレベルの選手なんだろう・・・と 素朴に思ってしましました。競技会等にも 出ていらっしゃるのですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP