フィギュアスケートの世界

宇野昌磨SP1位発進にフェルナンデスが会見でプレッシャーをかける ロステレコム杯2016

宇野昌磨SP1位発進にフェルナンデスが会見でプレッシャーをかける ロステレコム杯2016

こんばんは、MAYです^^
 
 
今回は宇野昌磨選手と
ハビエル・フェルナンデス選手について
書いていきたいと思います。
 
男子ショートのプロトコルはこちら

スポンサードリンク

ハビエル・フェルナンデス選手のショートプログラムの演技

 
パッと見、ランビエールに見えるような
出で立ちでした。笑
 
(今回ランビエールはデニス・ヴァシリエフス選手の
コーチとしていました^^)
 
 
曲は『マラゲーニャ』
 
 
ジャッジを両手の人差し指で指して
アピールする振りが好き。
 
 
 
最初の4T-3T!
 
 
スピードに乗って
4Tはとても良かったんですけれど
3Tで飛ぶ前から体が捻じれてしまっている
気がしましたね。
 
 
トゥをつく位置が右になりすぎたんでしょうか
ステップアウトしてしまいます。
 
うーん4Sの予定が3Sに
 
 
しかしこの振付は面白い。。
 
誰の振付なんだろう、
凄く目を引く振付です。
 
アピールが凄くて
引き込まれます。
 
グングンスピードを上げつつ
ステップを踏んで軽く跳んでラウンジして
トリプルアクセル!
 
これはすごい
 
完璧な3Aでした^^
 
 
相変わらずフットワークの良い
足元の安定した選手です。
 
 
フィニッシュの直前に
ループみたいな形で跳び上がるところが
凄く好き。
 
 
フェルナンデスのプログラムは
ほんとにいっつも面白いw
 
 
去年のショートの
3Aを跳ぶ前のイーグルイーグルも
大好きだったなぁ
 
 
色々なことが出来る
世界王者は楽しませてくれますね^^
 
 
得点は91.55で
ショート2位発進。
 
PCSが46.08と
初戦から圧巻です^^;
 

スポンサードリンク

宇野昌磨選手のショートプログラムの演技 ロステレコム杯2016

冒頭の4Fで
回りすぎくらいに
回ってしまいましたね。
 
軽く右手をついたようにも見えました。
 
 
 
4T-3Tは
4Tの着氷でぶれて右手を高めにあげて
くるくる回して調整
 
しかしそこからのコンビネーションで
3Tは無理があったらしく
ステップアウトしました。
 
 
(ミスの仕方としては
フェルナンデスと同じようなミスになりましたね。)
 
 
ステップがしなやかで、
ダンサーのようです。
 
体がすべて連動して
動いているのでしょうね。
 
そういう動きだから
見る人には美しく見える。
 
 
これがスケーターの
理想なのだろうなぁと。
 
 
最後のフライングから入るスピン。
 
 
最近、昌磨くんのニュースで
このフライングのところの写真を
良く見ますけれどなんででしょう。
 
image7
 
 
フライングの写真は美しいと
カメラマンさんが気づいてしまったんでしょうか。笑
 
 
(スケートあまり詳しくないと
『何この体勢!!』と言う写真ですもんね)
 
 
得点が出た後で、昌磨くんは
最近予想より高い点数が出て
驚く事が多いですけれど
今回も驚きのこの表情w
 
 
image
 
 
美穂子先生もびっくりの
98.59でショート1位発進です^^
 
 
 
考えてみればアメリカ大会のショートでは
4T-3Tの3Tがアンダーローテで
転倒していますもんね。
 
今回は転倒はしていないし
回りきっているので
まあこれくらいの点数になるかなぁと。
 
 
(参考記事:宇野昌磨の演技に海外の反応も上々! スケートアメリカ2016男子ショート
 
 
 
でも、世界歴代3位ではない、ですよね・・・?
 
 
正しくは
『全選手の自己ベストの点数の中で3位』
だと思います。
 
今回の点数より上に、
羽生選手の記録が5つと
ハビエルフェルナンデス選手の記録が1つあります。
 
なので世界歴代で言うと
7位になるのかな。
 
 
 
昌磨くんとフェルナンデスの点差は
およそ7点差です。
 
昌磨くんのジャンプの基礎点(1.1倍あり)が
36.25
 
フェルナンデスのジャンプの基礎点(1.1倍あり)が
28.35
 
と、ほぼこの点数が
差につながったと言えるかなぁと。
 
 
昌磨くんは3Aが綺麗に決まって
2.57の加点をもらえたことも
大きかったですね^^
 
 
ステップやスピンでも
レベル4をそろえました。
 
 
 
フェルナンデスは
スピンがすべてレベル3
ステップがレベル4となりました。
 
 
ただ、フェルナンデスのショートは
初戦からかなり滑り込まれているなぁという
印象を受けました。
 
これは完璧に滑ったら
彼のショート自己最高記録の点数
102.54を超えてくるでしょうね。
 
 
 
フェルナンデスは昌磨くんとの7点差について
 
 

『妥当な点差じゃないかな。
自分は完璧な出来ではなかった。
 
これが今季初のGPだし
改善できるところはある。』

 
 

と答え、さらに
 
 

『逆転の可能性はあるよ。
自力だけではどうにもできないし、
(ショート1位の)昌磨次第だけど』

 
 

と、すぐ隣にいた宇野選手に
プレッシャーをかけました^^笑
 
 
これは、フリーが楽しみです!
 
 
今回はここまでです。
 
読んでくださってありがとうございましたm(__)m
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント

    • きれじろう
    • 2016.11.05 23:31

    「昌磨次第だけど」という一言にニヤニヤしてしまいました。

    やっぱり、彼らのようなトップ選手の人たちって、絶対「強気」+「ナルシスト」でないとダメなんじゃなかろーかとも私は勝手に思ったりします。事実は分かりませんけど。

    ちなみに村上加菜子さんの演技後の気丈なインタビューには胸が締め付けられる思いでした。
    つらいだろうなぁ・・・。

      • MAY
      • 2016.11.07 19:23

      きれじろうさん

      そうなんですよ~トップ選手は
      ナルシストが多いですねぇ^^
      スケートというもの競技自体が
      自分を見て!という人が有利な
      スポーツではあるかもですね。

      佳菜子ちゃん、復活してほしいですねぇ。。
      ジャンプで苦戦するシーズンが
      続いていますね><

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP