フィギュアスケートの世界

宇野昌磨の演技に海外の反応も上々! スケートアメリカ2016男子ショート

宇野昌磨の演技に海外の反応も上々! スケートアメリカ2016男子ショート

こんにちは、MAYです^^
 

スケートアメリカの
男子ショートプログラムが終わりましたので
それについて記事を書いていきたいと思います。
 
今回は宇野昌磨選手についてです。
 

昌磨くんは昨年のスケートアメリカにも
出場していましたね^^
 
 
そのときの記事はこちら
宇野昌磨 シニアGPシリーズ初出場のスケートアメリカで2位!
 
 
今回のプロトコルはこちら

スポンサードリンク

宇野昌磨のショートプログラムの演技 スケートアメリカ2016

曲は『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー』
 
この曲もスケートに使う人が多いですね。
 
 
浅田真央選手や町田樹さんが
ショートに使っていましたよね。
 
 
昨シーズンのフリープログラム
『トゥランドット』でもあったような
右腕を伸ばした状態で
ぐんぐんクロスをしてスピードを上げて
 
 
最初の4Fへ
 
 
少し軸がぶれましたが
相変わらずそれでも着氷後
滑っていくのがすごいw
 
 
4T-3Tは
4Tはよかったんですが3Tで転倒><
 
セカンドは少し高さが足りなかったですかね。
 
 
前はどうしても
失礼ながら『小さいなぁ』と
思ってしまっていたんですが
もうそんなことを感じさせる
スケーターではなくなりましたね。
 
 
スケーティングそのものが
トップスケーターの
レベルになったのだろうなぁと
彼の小さい頃を知っているただのファンは
嬉しく思います(*^^*)
 
(と同時に時間の経過も感じる・・・)
 
 
 
トップスピードに近い状態でターンをしながら
ジャッジの近いところを滑っていき
 
最後のジャンプ、トリプルアクセルへ。
 
イーグルから~
 
iguru
 
3A!
 
 
んん!
ちょっといつもより
高さが足りなかったかもですね^^;
 
降りた後でこらえきれずに
1回ターンしてしまいました。
 
 
ターンしてしまったので
見せ所であったクリムキンイーグルはなし!><
 
 
トリプルアクセル前の
何気ないターンのところなど
ジャッジの前をさーっとスピードを上げて
滑っていくところはジャッジへの
アピールになるのだろうなぁ
と思いながら見ていました。
 
 
今回の曲のステップもいいですねぇ。
私は彼のステップ大好きなんですけれど
 
 
イーグルやイナバウアーなどでをいれつつ
緩急をつけることも、そこからターンを入れて
スピードを上げていくこともできる
体のコントロールに非常に長けた選手です。
 
 
 
一つ一つの動きがより理想的なものに
なっている気がします。

スポンサードリンク

宇野昌磨の演技に対する海外の反応

このプログラムは
海外の反応もよさそうですね^^
 
 

フィニッシュ後
『ゴージャス!!』
と言ってくれてます。笑
 
 
『すべてのエレメンツがとても自然で
それをたやすくやっていた』
 
 
選手としては
最高の褒め言葉なのではないでしょうか。
 
 
 

宇野昌磨の演技に見る4回転の未来

4T-3Tは3Tでアンダーローテ判定を受けていますが
スローでみると3Tを降りた後、氷にエッジが
引っかかってしまってそれで転倒したように
見えましたね。
 
 
いやぁ、なんというか
昌磨くんの4回転フリップや
羽生結弦選手の4回転ループを見ても
もう驚かなくなってしまった自分が恐い^^;
 
 
6年くらい前までは
 
『4回転フリップ?
そんなの人類が出来るのかな・・・』
 
と言う感じだったんですけれど。
 
もう4回転ルッツまでできてしまって
なおかつそこに3Tのコンビネーションをつけてくる
ボーヤンが出てきて^^;
 
 
4回転をフリーに5本入れてきて
4回転フリップと4回転ルッツの両方をやっちゃう
ネイサン・チャンが出てきて(足大丈夫か)
 
 
なんだろう、今度は3A-4Tとか
4Lz-4Tとかコンビネーションに4Tを持ってくる
みたいな感じになってしまうんだろうか^^;
 
4回転トゥループを単独で飛ぶようじゃ
ダメよね、コンビネーションに持ってこないと
みたいな感じになってしまうんだろうか。笑
 
 
 
勘違いかもしれないですけれど
キス&クライで
『一瞬ダブルジャンプにしようか迷った』
みたいなこと言ってます?
(4Tの後かな)
 
kiss
 
 
得点は89.15で
ショート1位発進^^
 
 
色々と減点されるところはあった中で
この点数が取れているのがすごいです^^;
 
明日のフリーも楽しみです!
 
(フリーの記事はこちら
宇野昌磨が4回転フリップを完璧に決めスケートアメリカ優勝!仏紙が絶賛

 
今回はここまでです。
 
読んでくださってありがとうございました。
 
 

P.S. おすすめの記事の中の

宇野昌磨選手の記事まとめを作成しました。
 
よろしければどうぞ。
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. お詫び

    2013年11月20日21:31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP