フィギュアスケートの世界

松田悠良 シニアGP初参戦でも動じない心で美しい滑り ロステレコム杯2016SP7位発進

松田悠良 シニアGP初参戦でも動じない心で美しい滑り ロステレコム杯2016ショート7位発進

こんばんは、MAYです^^
 
 
グランプリシリーズ3戦目となる
ロステレコム杯の男女ショートが
終わりましたね。
 
今回はシニアグランプリシリーズ
初参戦となった松田悠良選手について
書いていきたいと思います。
 

スポンサードリンク

松田悠良選手のショートプログラムの演技 ロステレコム杯2016

美穂子先生にリンクサイドで
笑顔で手をポンポンと叩かれて。
 
 
スタート位置につきます。
 
 
 
最初はステップから
 
 
ピアノの音に合わせた
柔らかいステップです。
 
 
ジャッジの方をみて
微笑む松田悠良選手。
 
 
彼女は足首と膝が柔らかいので
こういう曲でとても映えますね。
 
 
そして、
最初のジャンプの2Aへ。
 
 
ダブルアクセルを跳ぶときの音楽との調和に
いつも胸が震えるMAYです。
 
 
3Lo-3Loはあと少しでしたね!
 
 
セカンドのループの跳び上がりで
左側に行き過ぎてしまったかなぁと思いました。
 
 
セカンドの3Loはやっぱり
迫力がありますねぇ。
 
 
そして、ここから
やっとみんなが
 
『あ、この曲ピアノレッスンだったんだ』
 
と分かる曲調になっていきます。
 
 
松田悠良選手は昨年と同じSPですけれど
何度このプログラムを見ても
この曲の編集すごいな
と思わされます。
 
 
美穂子先生すごいわ、やっぱり・・・
と思わされるのです。笑
 
 
とてもエレガントで
美しい演技でしたね。
 
 
yura
 
 
やっぱり悠良ちゃんのスケートは
好きだなぁ。。
 
 
得点は61.57
 
キスアンドクライで隣に座る
美穂子先生が『おっ!』
という感じのリアクションをとっているので
思ったより得点が出た
 
という感じでしょうか^^

スポンサードリンク

スピンはいつもより少し遅いかなぁ
緊張しているのかな~と
思ったところもありましたが
その他のエレメンツは良かったかなと思います。
 
 
なにより彼女がずっと笑顔だったので。
 
演技が終わってリンクサイドに
戻ってくるときまで笑顔だったので
それを見て和みました(*´ω`*)笑
 
 
彼女は自分で
『試合で失敗しないのが自分の強み』
と言いますが
本当に失敗の少ない選手です。
 
 
関連記事:松田悠良 何も求めない美しさ ~ピアノレッスンの衝撃~
 
 
昨年の10月に上の記事を書きましたが
 
悠良ちゃんの
『自分を常に持っている』
というたたずまいが大好きなんです。
 
 
どんな状況になっても
動じずにいられるのではないかと
思ってしまいますね。
 
 
 
明日のフリーも素晴らしい演技を
見せてほしいですね。
 
 
 
今回はここまでです。
 
読んでくださってありがとうございました。
 
 


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. お詫び

    2013年11月20日21:31

コメント

    • azuki
    • 2016.11.07 19:14

    松田さん、初出場ながら、ショートもフリーも落ち着いていましたね。繊細な振り付けがよく似合う気がします。

    去年の全日本、女子はショートもフリーも観戦してきて、その時の松田さんのフリーがとても印象的で。
    女子は好演技がずっと続いたのですが、その口火というか、会場の雰囲気を作ったのが松田さんだったように思います。
    女子フリー1人目のスタオベが起きてました。
    点数は回転不足だったのか、予想より低めだったのですが…。

    先の楽しみな選手ですね〜。

      • MAY
      • 2016.11.07 19:20

      azukiさん、コメントありがとうございます^^

      ね~ほんとに松田選手いいスケーターなんですよ。。

      そっか、azukiさん観戦されたのですね!
      悠良ちゃんは柔らかな優しい雰囲気を
      もっているなぁといつも思います。

      回転不足、そうですねぇ。。
      だいぶジャンプも良くなってきましたが
      少しひっかかってしまうんですよね。

      これからの改善が楽しみです^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

検索

カスタム検索

よろしければクリックお願いします(*^^*)

RETURN TOP